アイアンショットの球が上がらない時のチェックポイントって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は祝日で、ラウンドや練習場に行かれる方も多いかと思います。

 

そこで、アイアンショットの球が上がらない時のチェックポイントをご紹介をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

「アイアンがうまくあたらない。球が上がらない。」

という方はいらっしゃいませんか。

 

ぜひ一度、アドレスポジションを確認して下さい。
 

下の画像のように、両腕とシャフトが大文字の”Y”のようになっていませんか。
 


アイアンは”グースネック"といって、手元が少しターゲット側になるようにデザインされています。
 

下の画像のように、ハンドファーストで構える事が大切です。
 

イメージとして”小文字のyの文字”を作る感じです。
 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

たったそれだけ?

いえいえ、アドレスでショットの半分は決まる。』
 

と言われるほど、構えは大切です。
 

「ウッドは良いけれど、アイアンの調子が良くない…」という方だけでなく

 

アイアン練習時のチェックアップとして、是非活用をされて下さい。

 

しっかりとした弾道で、球を打っていくことができますよ♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ