2019全英女子2位のリゼット・サラス選手から学ぶ ゴルフ英語って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は『2019全英女子2位のリゼット・サラス選手から学ぶゴルフ英語って!?』について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


”I haven't been in that position in a long time. 

 

Gave it a good stroke. I controlled all my thoughts.


It just didn't drop. 

 

So congrats to our winner.”

(私は(優勝争いをするという)ポジションに、長いこといなかった。

 

(でも)自分の思いをコントロールして、良いストロークをしたわ。

単にそれがカップに入らなかった、ということ。


だから我々の勝者に祝福をするわ。)

 

これは、全英女子オープンで渋野選手に1打差で負けたリゼット・サラス選手(米国)の言葉です。


 

単にカップに入らなかっただけ…と一見投げやりに聞こえるかもしれませんが


自分がコントロールできる事をしっかりとした。


だから悔いはない。

そのことを感じる、素晴らしいコメントだと感じました。

緊張した場面ではつい、カップに入れる事ばかり気になり


カップに入らないと、全てがだめになりがちですが…

いつも通りのルーティングをちゃんとして、カップをイメージして最後まで打つ。


自分がコントロールできることはしっかりとすることが、大切なのですね。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
”So congrats to our winner.(だから我々の勝者に祝福をするわ。)”
 
彼女が ”our winner(我々の優勝者)”と語っている点も

渋野選手のことを”共に本大会を戦った仲間”と捉えているのを感じ
 
サラス選手の人柄を感じました♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ