2019年ルール:知っておきたいラウンド中の機器の使い方って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は『2019年ルール:知っておきたいラウンド中の機器の使い方』について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


「ラウンド中、ここからグリーンまでの距離はどのくらいだろう。」

 

キャディーさんがいてくれる時は良いですが、セルフプレーの時などは距離計が使えると便利ですね。

 

2019年のルール改訂で、2点間の距離を測定する機器の使用が認められるようになりましたが、いくつかの注意点が必要です。
 

「golf distance measure」の画像検索結果

 

下記の点は認められていませんので、気を付けて下さい。

 

(1)高低差を測定すること

 

(2)(グリーンでの自分のラインなど)自分の球の位置から推奨されるプレーの線に関する情報を得ること

 

これらために機器を用いることは、できません。


また、風や他の気象条件にするルールに関しては

天気予報から入手できる気象情報は、認められていますが

 

コースの風速を計測することは認められていません。(規則4.3a )


「golf wind」の画像検索結果

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

新ルールでは、距離機器機器の使用が認められるようになりましたが…

 

どのように使っても良いという訳では、ないのですね。

 

ラウンド中はその点に気を付けて、使用されて下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ