2019ゴルフルール『知っておきたい距離計測機器の使い方』って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は2019ゴルフルール『知っておきたい距離計測機器の使い方』について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


「ラウンドをする時は、距離計測機器を使っている。」

 

という方は多くなりましたね。

 

 

2019年ルール改正で、距離計測機器の使用が認められましたので、今後も増えると思われます。

 

JGAサイトで距離計の使用について、具体的なルールアドバイスを見つけました。

Q 1: 2点間の距離以外(例えば高低差)を計測できる機能を持つ機器を使用することはできますか?

A:高低差等を計測する機能が機器に付いているだけでは、規則違反とはなりません。

そのような規則で認められない計測を行った時点で、罰を受けることになります。

(規則 4.3)。


Q2:距離計測機器を他のプレーヤーから借りることはできますか?


A: できます。

 

距離計測機器の貸し借りをすることは、規則違反ではありません(規則 4.3)。


Q3: 2 点間の距離の情報を他のプレーヤーに聞いたり、教えたりしても良いですか?


A: 2 点間の距離の情報はアドバイスではないので、その情報を聞いたり、教えたりしても規則違反とはなりません (定義「アドバイス」)。



 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
距離以外を計測できる機能は行った時点で罰を受けること。

距離計測機器の貸し借りや、情報を聞いたり教えたりしても、規則違反にはならない…。

これらの点を知っておくと、より安心してラウンド中に距離計を使う事ができるのではないでしょうか♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります