ゴルフ英会話"I no longer need a band aid fix." | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はゴルフ英会話について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

"I no longer need a band aid fix."(もう応急処置の必要はないんだ。)

 

『その場しのぎの応急処置』を、英語で”a band aid fix”といいます。
 

 

上述の言葉は、ゴルフが大好きな方から聞いたものです。

 

その方はゴルフ歴は長いものの、グリーン周りに全く自信がなかったそうです。
 

でも経験と共に、帳尻を合わせたような!?ゴルフが出来るようになってくる。
 

根本から直すのが億劫になった。
 

だから…

 

いつも応急処置でその場をしのいでいたそうです。

 

その方曰く「バンドエイドは傷口を守ってくれる。
 

でも…バンドエイドは傷口を覆っているだけで、傷口はあるんだよね。

しかも水仕事をしていると、すぐに剥がれちゃう。

結局は、ちゃんと治さないとダメなんだよね。」と。

 

そこでその方は一心発起して、苦手克服に取り組み、

 

”I  no longer need a band aid fix.”

 

「傷口をしっかりと治したから、もう応急処置は必要ないんだ。」

 

そう話されていたのです。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
誰でもゴルフで弱い箇所があるとすると…
 
しっかりとそれに向き合って
 

”I  no longer need a band aid fix.”


「傷口をしっかりと治したから

 

もう応急処置の必要はないんだ。」

 

そう言えるよう、練習を続けたいですね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります