ゴルフ上達の英会話:"If it ain't broke don't fix it."  | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はゴルフ上達の英会話について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

"If it ain't broke don't fix it." 

 

これはどのような意味か、お分かりになりますか。
 

”ain't”は、am not、is not、have notなどを短縮したものです。

 

直訳をすると「壊れていないものを直すな。」となりますが、どういった意味かというと…

 

「(システムが)上手く機能しているのであれば、それを変える必要はない。」

 

ということなのです。

 


私がこの言葉を聞いた時、「ゴルフ上達にも役立つ英語だな。」と感じました。


例えば…

 

ゴルフが上手くなりたくて、インターネットや雑誌で色々な情報を探しているとします。

 

そこで見つけたゴルフプロのスイングと自分のスイングを比較して…


「プロはこうしているのに、自分のはこうなっている。」


と、すぐに直したくなりませんか。

勿論、それが本当に改善すべき課題ならば良いのです。

 

でも単に「気になったから。」という理由で手を付けていくと…

 

「このプロはこうしている。でもあのプロは…。」と、何が何だか分からなくなってしまう事につながりかねません。


確かに、ゴルフ上達には弱い所を補強することは大切です。

 

でも「上手く機能しているのであれば、それを変える必要はない。」

 

その事とのバランスも、とても大切なのですね。

 


 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

"If it ain't broke don't fix it."(壊れていないものを直すな。)

 

色々なスイング理論を試して、ちょっと疲れた…。

 

そう感じられた時に、思い出して下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります