スイングに邪魔なOB杭を抜きたい時のルールって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はスイングに邪魔なOB杭を抜きたい時のルールについて、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

Aさんがラウンド中に、OB杭の近くに球にあるボールを打とうとしたところ、アウトオブバウンズの境界杭がスイングの妨げとなりました。

「赤杭や黄色の杭は、スイングの邪魔になる時は抜いても大丈夫っていうから…」
とOB杭を抜いて打ちました。

皆さんは、Aさんのこの処置は正しいと思われますか?

 


残念ながら、Aさんの処置は正しくありません。


確かにウォーターハザードの黄色杭、ラテラル・ウォーターハザードの赤色杭はスイングの妨げとなる場合は、無罰で抜くことが認められています。
 

でもOB杭は認められてません。

 

何故なら、赤、黄色杭は障害物、OB杭は固定物だからなのですね。

ルールでは、下記のように記載されています。

 

『どのような物であっても、固定されている物を動かすことによって球の位置を改善することは規則13-2の違反となる。』

固定物を動かした場合は2打罰になりますから、気を付けて下さいね。



 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

同じ杭でも、なぜ扱いが違うのか。

 

その点もふまえておくと、いざという時に安心して対処ができます。

 

赤・黄色杭は障害物、OB杭は固定物…を、知っておかれて下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります