カラスなどの動物に球を持ってかれた時のルールって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。
 

今日は、知っておくとお得な♪ゴルフルールについてお話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
まず皆さんに質問です♪
 

Q1:ラウンド中にAさんが、カラスに球を持っていかれてしまいました。

 

皆さんがAさんだったら、そのような対処をなさいますか?

 

A1:カラスは規則上「局外者」と同じ扱いになります。
 

ですので罰なしにその球をプレースになります。(規則18-1)
 

球をすぐには取り戻せない場合は、別の球に取り替えることができます。

 

 

では、このような場合はどうでしょうか。


Q2:次のホールでは、今度はBさんの打った球が見当たりませんでした。

 

「フェアウェーに打ったのに、おかしいな。

 

先程のAさんのように多分カラスが持って行ったんだろう。」
 

このような判断はどうでしょうか。
 

A2:さすがに、この判断はだめですね。Bさんの球は「紛失球」扱いになり、1打罰で前打地点に戻りドロップして打ち直し…になります。

 

ここからがポイントなのですが…

 

Bさんのようにカラスが球を持っていくのを目撃しない場合は、紛失球扱いなるかというと、そうでもないのです。
 

例えば…
 

ティーショットから球がフェアウェイに止まったのが、はっきりと見えていた。
 

そのすぐ近くにカラスが数羽いた。
 

第2打地点に来た時には、カラスと共に球がなくなっていた。
 

この状況ならば「局外者」扱いとしてOKとされています。(JGAルール

 

勿論、これはカラスだけでなく犬などでも大丈夫です。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

「動物が球を持っていくのを目撃しないとだめ」と思いがちですが、そうではないのですね。
 

上述のことも含めて…

 

球を打った後はどこに落下したかを、しっかりと見届けることは大切ですね。


知っておくといざという時に安心のゴルフルールでした♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります