パッティングでパチンと打つのとフォローを出すスタイルの特徴って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。
 

今日は先日のパターの記事で頂いたご質問について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
ヒロコさん、こんにちは

パタ練の方法をご教授頂きありがとうございます。

日本では、昔は高麗芝のグリーンが多くて、青木功さんのようにパチンと打つスタイルの方が高麗には適したような記憶があります。

現在のようにベント系の芝が多くなると、こういうバックスイングなしの練習が有効なんでしょうか?

腕と胸の▽を崩さない練習としてわかりますが、手首を使わないパタ練ということですか?

 

毎度楽々

 

とても素晴らしいご質問だなと思いました。

 

青木プロのようにパチンと打つスタイルを「タップ式」、振り子のリズムを活かしてフォローをとるパッティングのスタイルを「ペンジュラム(振り子)式」という事にしましょう。

「タップ式」のメリットはパチン!とボールを打つため、勢いがあり、芝の影響をあまり受けない点があげられます。

 

「ペンジュラム(振り子)式」は、振り子のリズムを活かすので、再現性の高いストロークという利点があります。

 

一般的に 前者は高麗などの遅いグリーンに、後者は早いグリーンに向いていると言われています。

 

でもパッティングスタイルは、プレーヤーの好みが一番尊重される部分とも言われていますので、芝に関わらず自分がしやすいストロークをするのが一番です。

 

お勧めできないやり方は…

 

今日のゴルフ場は高麗グリーンだからタップ式、来週のゴルフ場はベントだからペンジュラム式にする…と変えることです。

 

自分のスタイルを元に、遅いグリーンではしっかりと打つ、早いグリーンでは柔らかい転がりで打つ…とした方が、結果として安定したストローク数になります。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
ストロークの仕方もペンジュラム式は手首をあまり使わず両腕と肩の三角形でストロークするのに対しタップ式はパチンと打つなど、様々です。
 
パッティングで共通して大切なのが…
 
カップをイメージして打っているか、ということです。
 
練習時はパットのストロークの仕方を確認したら、カップをイメージしてパットをする練習で締めくくる。

ここまでを一連にして、練習をなさって下さいね。
 
カップまでのイメージを球に伝えやすいのはこのスタイル、と自分に合ったパッティングスタイルを決めやすくなります♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります