【『自分のゴルフ特性を見つける5つの方法♪』 無料メール講座のご案内】 | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。

こんにちは♪

アメリカLPGAゴルフインストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

これまでレッスンを通して、お客様の熱心な声に接してきました。


・飛距離を出すには、どう取り組めば良いのか。
・どうしたらドライバーの曲がりを少なく出来るのだろう。
・安定したショットを出すには?
・バンカーやグリーン周りを強くするには?
・ロングパットをもっとカップに寄せるには何に気を付けると良いのだろう。



今ではインターネットの発展で、海外のメソッドも入手できるようになりました。

様々な情報の中で、多くの方が求めているのは、

今の自分のゴルフを元に、どう改善していくのが良いか。」

という事ではないでしょうか。


私もアマチュアの頃、一生懸命ゴルフに取り組んできました。

今思うと、当時の私は”自分に欠けているもの”ばかりに、目を向けていた気がします。

その後アメリカに渡り、USLPGAインストラクター資格に挑戦。

プレーヤーの個性を伸ばしていく指導に、目から鱗が落ちました。

スコアだけではありません。

ゴルフに対する考えも、大きく変わっていきました。

「失敗をするのではないか」と怖かったゴルフ。

それが「このピンチをどう切り抜けてやろうか。」に変わりました。

これは自分の長所を把握したからこそ生まれた変化だと思います。


ゴルフに一生懸命取り組んで下さっている方には

ご自分のゴルフをしっかりと持って欲しいと思っています。

なぜならコースでは自分一人だからです。

ラウンド中にピンチに見舞われた時でも、ご自分のゴルフコーチであって欲しいのです。

そしてスコアだけではなく、人との交わりや自然を堪能することを、より一層楽しん欲しいと願っています。


今回このような気持ちから、メール講座を作りました。

USLPGA理論やスポーツ心理学を元に、ご自身のゴルフの特徴を見つけていく講座です。

以下のような内容で1日1通づつ全5回、お手元に届きます。

1日目 ”自分の得意な五感”の見つけ方、活かし方
2日目 利き脳の見つけ方とゴルフ上達への練習法
3日目 ゴルフ可動域チェックと、可動域をショットにつなげるコツ
4日目 自己ショット分析診断の仕方
5日目 スポーツ心理学から学ぶメンタルなゴール設定の仕方


第1目は、”自分の得意な五感”の見つけ方、活かし方についてお話します。

スポーツ心理学を元に得意な感覚の見つけ方、ゴルフ上達の活かし方を解説します。

2日目は、利き脳について。

近年”右脳派・左脳派”という言葉を耳にしますが、貴方はどちらのタイプですか?

得意な脳の活かし方、もう片方を強めてゴルフ上達に活かす練習法をご紹介します。


3日目のゴルフ可動域では診断の仕方の他に、体が硬い方でも安定したショット、飛距離を生み出す練習法をご紹介します。

4日目は、練習打席で行うショット分析診断です。

ご自身の練習課題を明確にし、効果的にスコアにつなげていきます。

最終日は、ラウンド時に役立つメンタル面でのゴール設定

スポーツ心理学を元に、メンタル面のゴール設定の仕方を解説します。


メール講座をお読み下さった方々からのご感想です。

3つの感覚というアプローチは考えたことはありませんでした。
ゴルフ場で自分が打っていく動作が思い浮かびました。
『視覚』人間なのですね。
思い当たるのは偶に「窓に映るスイングを見ている」ということです。
初めての切り口でとても新鮮でした。
(男性 U様 ゴルフ歴45年)

1,2回目の講義ではこういうアプローチもあるのかと、大変興味深く感じました。
3回目の可動域に関しては、多くのヒントをいただきました。
注意点を意識して、後半をプレーしたいです。(中略)
4回目の5球×6種類の練習は、なるほどと思いました。
自分の弱点がはっきり分かりますね。
次回から取り入れます。苦手なクラブ50球練習、今から楽しみです。
(男性 N様 ゴルフ歴7年)

本当に勉強になりました。
週末と重なり、3回目のメールを読んで、土曜にプレーする機会がありました。
弱点のパターについては、利き脳の2回目を参考にして練習グリーンで練習し実践しましたところ、パット数が今年の平均より大幅に短縮(今までが悪すぎたのかも)出来ました。 
(男性 I様 ゴルフ歴22年



LPGAの理論に則ったレッスン
とても興味があります。
今回のメール配信も以前ブログで書かれていたビジョン54のレッスンに近いもの
考え方 実践の仕方かなと思いました。
練習と実践の重ね方など、とても興味深く直ぐにやってみたい!と思いました。
今回 最後のメンタルでの目標を次回のラウンドで早速実践してみます。 
(女性 K様 ゴルフ歴3年)

5回のメール講座とても興味深く読ませてもらいました。
特に利き脳、利き感覚は考えた事もありませんでした。(中略)
ラウンドでの○△×も今後実践したいと思います。
私は、ミスを結構引きずるのでとても良いアイデアだと…。
5回のメールをプリントしてゴルフノートに挟んでおこうと思います。
(男性 E様 ゴルフ歴8年)


どんな点が自分のゴルフの特徴なのだろう。

USLPGA論やスポーツ科学・心理学から、ご自分のゴルフの特性を見つける
無料メール講座です。



『ご自分のゴルフの特性を見つける5つの方法♪』キラキラ

無料メール講座のお申込みは
お申込みフォーム
からどうぞ


まる 毎日1つづつ5日間、ご自分のゴルフの特徴を発見していきませんか♪まる


アメリカLPGA A級インストラクター
ヒロコ・ベンダーホーフ