グリーン近くのアプローチショットの使い分けって? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

こんにちは♪

アメリカLPGAゴルフインストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。
 

今日はグリーン近くのアプローチショットの使い分けについてお話をさせて下さい。
 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

グリーン近くのショットには、ピッチ&ラン、ランニングアプローチがありますね。

でもどのような時に、どの打ち方をすればを良いのか…。


はっきりと知っておくと、ショットの選択がしやすいですね。
 
ピッチ&ランとは、ボールを真ん中に置いて、重心も真ん中。

一方、ランニングアプローチは、ボールを後ろ足側に置き、重心はターゲット側。

同じクラブ(例:アプローチウェッジ)を使っても、球の位置と重心で球の転がりが違ってきます。
 


では、どのような時にどちらを選べばよいのでしょう。

そこを知っておくと、選びやすくなりますね。
 
グリーンの速さなどの状況判断も関わってきすが、まず最初は…

球からグリーン端まで」と「グリーン端から旗までの距離」(下図点線部分)

この2つの距離の対比を考えて下さい。
 
例えば、下図の場合。

 

 

球からグリーン端まで」と「グリーン端から旗までの距離」が1対1ですね。
 
その場合は、ピッチ&ランを使います。
 
では、下図はどうでしょうか。
 

 

旗が距離の対比は1:2ですね。
 
この場合はランニングアプローチと考えるとよいでしょう。
 
勿論この場合でも、ピッチ&ランで打っても構いません。

でも転がした方が失敗が少ないと言われています。

転がせる状況(対比が約1:2)ならば、ランニングアプローチが安全策…

と言えるかもしれません。
 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

距離対比から判断する、グリーンの攻め方。

次回ラウンド時に、試されてはいかがでしょうか。

グリーン周りの攻め方が、一層楽しくなりますよ♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。
 

 

 

 
体の特性を丁寧に分析・改善するゴルフレッスン
東京、吉祥寺・三鷹

 

 

 

ゴルフ上達を一生懸命に取組まれていらっしゃる方に
ぜひお越し頂きたい体験レッスンです♪