世界中を支配していたDS

やらせて証拠をつかむよりなかった・・

どれだけの人が亡くなったか胸が痛む

何千年の地球の闇の変革のために

コロナ騒動が契機になった うさぎクッキー

そうかもしれない

そうなんだろうね 

 

世界中で聞かれたこの注射は、ビッグファーマ、

グローバルエリート、組織、ビッグテック、

全ての国の主流情報の偽りの流れをコントロールする

DSを倒すために必要であった。

 

ホワイトハットは、

DS・カバルが彼らのプランを解き放つのに任せ、

進行中の犯罪をリアルタイムで記録しなければならなかった

 

(ミリタリー・インテルにとっては、現金、そのプレイヤー、

妥協した機関の医師、科学者、ディープ・ステートの軍人、

弁護士、銀行などを追跡し、

全ての犯罪を記録する唯一の方法だった。

これは世紀の犯罪だ。この方法でなければならなかったのだ。

しかしこれは世界中で暴露される)。

 

 

27.  EUはパンデミック発生の少なくとも1年前に

「ワクチンパスポート」を準備した ポーン

 

即席の緊急対策として国民に提示されたCOVID対策案は、

病気の出現前から存在していた。

記事抜粋

 

 

抜粋

#ジョン・ダーラム :

警告。そろそろ起こる頃だ。もう寛容でいるのは終わりにしよう! 

全ての愛国者は私のメッセージを受け取らなければならない。

無知の時代はこの発表で終わりを告げようとしている。

 

数日後にはすべての証拠を公開する。真実は生き残る。バックアップをとる準備し、

周りに連絡先に知らせよう。

この国を根底から揺るがすものを見ることになるだろう。

・・・

今日は、真実と自由の日である。今日、私たちは再び希望を味わう機会を得る。

多くの人が、裏切りに対する正義と罰に直面するだろう。

トランプ大統領とアメリカに神の祝福がありますように。団結して立ち上がれ。

抜粋

 

 

 

抜粋

 

#緊急放送システムの起動 :

まもなく、スターリンク衛星システムを介して、各国政府とそのマスメディアが世界規模で

軍事占領されることが予想できた。

 

これは、主流メディアが、人為的でウイルスではないコヴィド19プランデミックのデマを正確に報道せず、ワクチンによる血栓症や死亡などの危険性を説明せずにワクチンの違法な

義務化を推進し、真の世界金融危機を報道せず、国際的な児童や人間の性売買組織に

関与していた多くのグローバルエリートが全米および世界の連邦裁判所に50万件以上の

起訴をされていることも報道しないことによるものである。

・・・

 

世界中の軍隊は、人々にお金を返すために世界通貨のリセットを確実に行い、

闇の10日間のために真実の教育的なドキュメンタリーを24時間365日放送し、

さらに、様々な国がオリジナルの憲法のガイドラインの下で機能するために、

公正で透明な選挙が行われるまで平和を維持することになる。

 

#復興共和国のタイムライン :

 

恐ろしい出来事が起こるだろう。

人々を目覚めさせることを目的とした、

架空の第三次世界大戦のシナリオである。

各国の軍司令部には核戦争を知らせるサイレンが鳴り響く。

それは世界的な戦争状態の導入となる。

 

トランプ・チームからの7つの大統領メッセージが

まもなく世界中のすべての電話に送られ

その後、サービスが停止されるだろう。これは長くは続かない。

必要なのは、緊急事態を放送するためのテレビシステムへの接続だけだ。

 

緊急放送システムは10カ国から放送され、世界をカバーすることになる。

 

電力供給が遮断されること。

世界的な停電は、テスラの電源に切り替えることから始まる。

 

これにより世界中のメディアが遮断され、量子スターリンク・プロジェクトの一環として

量子システムが起動し、

ブルガリア語、中国語、チェコ語、デンマーク語、英語(アメリカ)、英語(イギリス)、エストニア語、フランス語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、リトアニア語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語で放送されることになる。

 

 

闇の10日間には、軍事裁判の様子が放送される。

 

三峡ダムの破壊は、ビッグイベントの最も重要な要素の一つであり、

中国共産党(中国共産党)と世界のメディアの終幕を仕上げることになる。

 

 

緊急事態を引き起こすような災害は、世界中に食料や重要な製品を届けるために

軍隊を起動させることになる。

GESARA/NESARAが開始される。

 

Qポスト2903:2021年9月11日(土)から10月2日(土)までの21日間に、大きな、大きな、大きな出来事が起こるように設定されていた21日間の祈り=7+7+7 

 

#ザ・プラン , Q: 

世界中で聞かれた(ワクチンの)ショット。この注射で人が死に、たんぱく質の増加で

子供が死んだ。ファイザー社は、ワクチンが赤血球を引き起こすことを認めている。

 

世界中で聞かれたこの注射は、ビッグファーマ、

グローバルエリート、組織、ビッグテック、

全ての国の主流情報の偽りの流れをコントロールするDSを

倒すために必要であった。

 

ホワイトハットは、DS・カバルが彼らのプランを解き放つのに

任せ、進行中の犯罪をリアルタイムで

記録しなければならなかった

 

(ミリタリー・インテルにとっては、現金、そのプレイヤー、

妥協した機関の医師、科学者、ディープ・ステートの軍人、

弁護士、銀行などを追跡し、全ての犯罪を記録する

唯一の方法だった。

 

これは世紀の犯罪だ。この方法でなければならなかったのだ。

しかしこれは世界中で暴露される)。

 

偽の戦争:軍が世界中に配置される。そして、主要国では軍事戒厳令が敷かれるだろう

(このイベントは、羊たちを怖がらせます。ワクチンを恐れる人も怖がるだろう)。

 

 しかし、その後、軍は政府に反旗を翻し、プランデミックに共謀した者を全て逮捕する。

世界中で何百万人もの人々が逮捕されますが、その中には世界を支配している

トップ3,000人のエリートが含まれている。

つまり、世界の銀行関連、健康関連、報道関連、戦争関連、技術関連の人たちだ。

 

世界に響く銃声。

このイベントは、32カ国の軍事情報機関が世界最大の軍事おとり捜査で

協力していることと関連している。

 

今、ディープステートは世界大戦を誘発して混乱を招き、軍事情報を別の方向に

進めようとしている。しかし、もう遅すぎるのだ。

 

暴露:ホワイトハットイベント開始。シートベルトを締めて。嵐に乗って。

軍隊が唯一の方法だ。来るべきものを止めることはできない。Q

 

 

**BOOM!!! 国際児童売春売買

 

5万人以上の心に傷を負った子供たちが米都市地下のトンネルから

軍によって救出される

栄養失調で檻に入れられた3万5千人以上の子供たちが

軍によって米国のトンネルから救出される

 

***BOOM!!! COVID / ワクチンのデマ

#チャーリー・ウォード :

イギリスの葬儀屋ジョン・オルーニーが語る、NHSによる隠蔽工作

 

 

1.  コヴィッド」の生存率は99%を超えている。

政府の医療専門家は、パンデミックの当初から、国民の大多数が「コヴィド」によるリスクを

負っていないことを強調するためにあらゆる努力をしてきた。

 

2.  死亡率の異常な上昇はなかった。

 

報道では、英国の2020年を「第二次世界大戦以降、最も死亡率の高い年」と呼んでいたが、これは、それ以降の人口の大規模な増加を無視しているため、

誤解を招く恐れがある。

死亡率のより合理的な統計指標は、年齢標準化死亡率(ASMR)である。

 

3. 「コヴィドによる死亡」の数は人為的に増加されている。

 

世界各国では、「コヴィドによる死亡」を「陽性反応が出てから28日/30日/60日以内に

何らかの原因で死亡した場合」と定義している。

 

4. コロナウイルスによる死亡の大部分は、重篤な併発疾患を伴っている。

2020年3月、イタリア政府は、「コロナウイルスによる死亡」の99.2%が少なくとも

1つの重篤な併発疾患を持っていたという統計を発表した。

 

5. 「コヴィドによる死亡」の平均年齢が平均寿命を超えている。

 

イギリスの「コロナウイルスによる死亡」の平均年齢は82.5歳。イタリア-86歳、ドイツ-83歳、スイス-86歳、カナダ-86歳、 アメリカ-78歳、オーストラリア-82歳。

 

6.  コヴィドによる死亡率は、自然死亡率曲線に正確に対応している。

英国やインドで行われた統計調査によると、「コヴィドによる死亡」の曲線は、

期待死亡率の曲線とほぼ正確に繰り返されている。

 

7. 「違法な」DNRの使用が大幅に増加している。

監視機関や政府機関は、過去20ヶ月の間に非蘇生命令(DNR)の使用が

大幅に増加していることを報告している。

 

8.  隔離しても病気の蔓延は防げない。

「コヴィドによる死亡」を制限する規制が影響を与えているという

証拠はほぼ存在しない。

 

ブロックされている地域とブロックされていない地域を比較しても、

何のパターンも見られない。

 

9.  隔離は人を殺す。

社会的、経済的、その他の公衆衛生へのダメージによる孤立は、

「ウイルス」そのものよりも致命的であるという強い証拠がある。

 

10.  病院は決して過負荷ではない。

制限を擁護するために使われる主な論拠は、「曲線を滑らかにする」ことで、

症例の急激な流入を防ぎ、医療システムを崩壊から守ることができるというものである。

 

しかし、ほとんどの医療システムが崩壊に瀕したことはない。

 

11.  PCR検査は、病気の診断を目的としたものではない。

逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査は、コヴィドの診断のための

「ゴールドスタンダード」としてメディアで紹介されている。

しかし、このプロセスの発明者であるノーベル賞受賞者は、このプロセスを

診断ツールとして使用することを意図しておらず、そのことを公言している。

 

12.  PCR検査はしばしば不正確で信頼性に欠ける。

コヴィドのPCR検査の「ゴールドスタンダード」では、Sars-Cov-2に

特異的ではないDNA物質に反応して、多くの偽陽性結果が出ることが

知られている。

 

13.  PCR検査のCT値が高すぎる。

 

PCR検査は周期的に行われ、結果を得るために使用するサイクル数は

「サイクル閾値」または「CT値」と呼ばれます。

 

キャリー・マリスは次のように述べている。

「もし40サイクル以上の検査が必要なら(中略)PCRに何か重大な

問題があるということだ」。

 

14.  世界保健機関(2回)は、PCR検査が偽陽性の結果を出すことを認識している。

2020年12月、WHOはPCR法に関する情報ノートを発表し、

その中で検査機関に対して、

偽陽性の原因となる高いCT値に注意するように指示している。

 

15.  コヴィドテストの科学的根拠には疑問がある。

Sars-Cov-2ウイルスのゲノムは、2019年12月に中国の科学者に

よって解読され、2020年1月10日に発表されたと推定されている。

 

そして、それから2週間も経たないうちに、ドイツのウイルス学者

(Christian Drosten氏ら)がそのゲノムを使ってPCR検査の解析結果を

作成したとされている。(https://t.me/worldawakeningdraft/347)

 

16.  コビットの感染のほとんどは無症状である。

2020年3月以降、イタリアで実施された研究では、

コヴィドの陽性反応の50~75%に症状がないことが示されている。

 

また、2020年8月に実施された英国の研究では、「コヴィド患者」の86%に

ウイルス症状が全く見られなかったことが示されている。

 

17. 「無症候性感染」の危険性が指摘されていますが、

それを裏付ける証拠はほとんどない。

 

18.  人工呼吸は呼吸器系ウイルスの治療法ではありません

人工呼吸はいかなる種類の呼吸器感染症に対しても推奨される

治療法ではなく、これまでも推奨されたことはない。

パンデミックの初期には、

多くの医師が「コヴィド」の治療に人工呼吸器を使用することに

疑問を呈していました。

 

19.  人工呼吸器で人が死んだ。

インフルエンザや肺炎、慢性閉塞性肺疾患など、呼吸を制限したり

肺に影響を与える疾患に罹患している人が人工呼吸器に接続しても、

これらの症状が緩和されることはない。

 

むしろ、ほぼ確実に状況を悪化させ、

多くの人を死に至らしめることになるだろう。

 

20.  マスクは効かない。

少なくとも12の科学的研究が、マスクが呼吸器系ウイルスの拡散を

止めないことを示している。

 

21.  マスクは健康を害する。

マスクを長時間着用すること、同じマスクを複数回着用することなど、

布製のマスクは健康に害を及ぼす可能性がある。

マスク着用の有害性についての長期にわたる研究が、

最近、

International Journal of Environmental Research and Public Healthに

掲載された。

 

22.  マスクは地球に有害である。

年以上にわたり、毎月何十億枚もの使い捨てマスクが使用されている。

国連の報告書によると、Covid19のパンデミックにより、

今後数年間でプラスチック廃棄物の量が2倍以上になる可能性があり、

その大部分がマスクであるという。

 

23. コヴィドの「ワクチン」には全く前例がない。

2020年まで、ヒトコロナウイルスに対するワクチンの開発に

成功したものはなかった。

 

それ以来、1年半で20種類ものものを作ったと言われている。

 

24.  ワクチンは、免疫を付与するものではなく、感染の伝播を防ぐものでもない。

コヴィド「ワクチン」は、感染症に対する免疫を付与するものではなく、

他の人への感染を防ぐものでもないことは容易に認識できる。

 

実際、British Medical Journalに掲載された記事では、ワクチンの研究は

「ワクチン」が感染を制限するかどうかを

評価しようとすることさえ意図していなかったと強調している。

 

25.  ワクチンは急いで導入されたため、その長期的な効果は不明である。

ワクチンの開発には時間と手間がかかるものだ。

通常、開発から試験を経て最終的に一般使用の承認を得るまでには

何年も必要とする。しかし、コヴィドの各種ワクチンは1年足らずで

開発・承認された。

 

当然のことながら、1年未満の化学物質の長期的な安全性に

関するデータはありえない。

 

26.ワクチンメーカーは、それによる被害が発生した場合、

法的な補償を受けている。

米国のPREP(Public Preparedness and Emergency Preparedness Act)では、

少なくとも2024年まで免責が保証されている。

 

27.  EUはパンデミック発生の少なくとも1年前に

「ワクチンパスポート」を準備した。

即席の緊急対策として国民に提示されたCOVID対策案は、

病気の出現前から存在していた。

 

28. 「演習(=コヴィドが流行るというイベント)」は、パンデミックが

始まるわずか数週間前に予測していた。

 

2019年10月、世界経済フォーラムとジョンズ・ホプキンス大学は

イベント201を開催した。

これは、世界的なパンデミックを引き起こした人獣共通感染症の

コロナウイルスを題材にした「演習」であった。

 

この「演習」は、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が主催した。

 

29. 2020年に入ってから、インフルエンザは "消滅 "した。

アメリカでは、2020年2月以降、

インフルエンザの発生率が98%以上減少したと言われている。

 

30. パンデミックの間、エリートたちは富を築いた。

隔離が始まってから、最も裕福な人々はずっと金持ちになった。

『フォーブス』は、「コロナウイルスと戦う」40人の億万長者が

新たに誕生したと報じ、そのうち9人はワクチンのメーカーだという。

 

あなたが必要とするすべての論点の30の事実。関連リンクを含むソースはこちら:

 

 

メドベッド :

未来の世界のある時点で、

病院の役割が大きく変わり、レーザーや医療用ベッドなど多くのユニークな

量子技術デバイスで強化され、大手製薬会社は根絶され、

この未来技術は長寿を促進し、人類は脳卒中や心臓病など不健康の原因となる

多くの病気に苦しむ人々から解放されることを想像できるだろうか?

 

死亡原因の第3位は、病院での入院や処置であり、その多くは不要なものである。

 

NESARA/GESARAの導入に伴い、

6,000以上の隠されたテクノロジーが登場するが、

その中に医療用ベッドが含まれている。

 

これらの量子治療ベッドには、3つの異なる種類と3つのユニークな機能がある。

それらはすべて、屈折レンズや3Dスキャナー、傷口を開閉するための

外科的に精密なレーザーなど、さまざまな振動や周波数レベルで機能する。

 

これらの量子ヒーリング装置には、膨大なモニタリング技術が搭載されており、

診断と修復のセッションの間、医療従事者は完全な情報を得ることができる。

 

メドベッドは、タキオン粒子とプラズマエネルギーを介した光とエネルギーにより、

最小限の侵襲で最大限の人体修復を行う。

 

私たちは振動する宇宙に住んでおり、人間も振動する存在であるため、

副作用がほとんどないホメオパシー的な周波数再調整のアプローチによって治癒が

行われることになる。

 

3つの医療ベッドはすべて同様の技術で作動するが、3つの異なる治療法のために

改造されただけである。

 

 

抜粋

間違いなく、これは間違いなく最も深遠な技術の1つであり、80年以上にわたって

秘密宇宙プログラムで使用されてきたと言われています。ヘルスケアとメンテナンスが非常に進んでいるため、物理的なものを消去する時間を取り戻すことができると

想像してください。周波数ヒーリングと量子デバイスの技術による、精神的および感情的な傷跡と、日常のトラウマと老化プロセスの戦い

 

 

 

おまけ

バンドエイドで666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お越しいただきDankeでございますドキドキ