今年のはじめに劇場版アニメに続いて、年末にもシティハンターが帰ってきた。

しかも今度は実写だ。

過去、アニメの実写者はほぼ間違いなく期待を裏切ってきたが、この作品はそれをいい意味で裏切ってくれた。

もうね、二次元が三次元に変換したらこんな感じだろうなっていうくらい馴染んでいる。

キャストはもちろん。何よりも演出がこの作品を作った監督の原作愛に満ち溢れているのがよく分かる。

原作のテイストを踏襲しつつ、フランス映画らしいコメディを散りばめたその匙加減は絶妙と言っていい。

なんで日本の原作なのに日本人にこんな作品が作れないのだろうか?

あと、声優だが、アニメ版の神谷明の出番はセルフパロディを入れつつすぐに分かったが、香役の伊倉一恵は最後のエンドロールで初めて訳が分かったときはあまりの違いにそりゃ気づかないわと思いました。