家田貴之のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-04 09:30:08

2018年の大発見!洗い張り革命!?

テーマ:着物




久しぶりのブログ更新です。

気づけば早や12月、今年も残すところ1カ月となりました。


今年は大きく3つの研究を進めてまいりまして、それぞれ成果が出ております。

今回はその中でも最も効果が出ている洗い張りに使用する「水」の研究を少しご紹介します。


長年にわたり仕舞い込まれた古い着物の臭いや、防虫剤などの臭いが残るのは、生地の中に何かしらの臭いの原因が残っているからです。防虫剤であれば防虫剤のガス自体が、カビであればカビの根が、着物の生地の奥に残っているからだと考えます。そういった臭いの原因をどうにかして取り除きたい!と思い、生地の奥まで消臭、除菌ができる方法はないかと考え研究を重ねてまいりました。


その結果、水に圧力をかけて気体を混ぜ込むという新技術が生まれました。


この技術により、消臭剤や洗剤を使わずに臭いの原因を非常に細かいレベルまで洗浄することが可能となりました。さらに、洗い張りの際にブラシをかける回数が極端に減らせるようになりました。


このように生地に負担をかけずして除菌や洗浄力を高めた洗い張りが可能となったのです。


とはいえこれで水の研究が終わったわけではありません。


これまでの方法をさらに改良してよりよい技術を生み出し提供することができるよう、これからも日々研究に励んでまいります。

着物の染み抜き相談は

きもの工房扇屋

まで
2016-09-27 10:07:57

築地ワンダーランド10/1

テーマ:文化・芸能

{9F3BC512-CBC8-41DC-AEAD-9175C9761E23}


先日久しぶりに友人の尚太郎君と会いました。

かれこれ一年程篭り仕事していたとの事。

彼が三年前から着手したという映画築地ワンダーランドが今週土曜日、101日より築地東劇にて公開されることになりました。

『現代の人にも、20年後の人にも見てもらいたい大切な文化がここ築地にあるよ!この現実を今伝えなくては』と熱く語ってくれました。


映画の舞台は扇屋の工房からもすぐ近く築地です。

土地柄、親戚や地元の友人に築地市場で仕事をする人も多く、子供の頃から馴染みある場所です。とはいえ場内に入った事は一度もありませんが。

映画では場内のシーンも多くあるようです。


決して築地市場が豊洲に移転する映画ではないよって。

しかし、移転がきまり変わりはじめる築地、今しか見られない市場をこの映画を見て訪ねてみてはいかがでしょうか?



101日は舞台挨拶があるとの事で、僕も観に行く予定です。


{DC56D779-D309-489F-B325-3F762C8D88A5}



2016-07-25 22:38:05

たびたび、ワイドスクランブル

テーマ:ブログ
今日、放映されたようです。

テレビが無いので見れませんでしたが
おかげさまで多くの問い合わせをいただきました。
ありがたいです。



昨日から、
肘にコブができて大変です、、急に成長してきました。
{5BF70155-D6FB-420A-A4A3-E4ADC001A2C2}

明日病院へ行ってきます。
2016-07-24 20:57:24

盛り沢山な休日の一部

テーマ:ブログ
先日の連休を使い、京都・滋賀・福井を旅してきました。

京都に到着し、滋賀の友人を訪ねて移動、友人より車を借りて福井の若狭和田の浜へ。
オバマさんが大統領になった時に紹介されていた小浜のすぐ近くです。白い砂浜に青い海、沖に小さな島。
素晴らしいロケーションです。
ビーチから沖にある島までシュノーケリング約3時間程楽しみましたが、途中海の中で携帯電話を落としてしまい、どおにも探しても見つからない。。旅のはじまりからやってしまいました。

翌日、もう一つの旅の楽しみ琵琶湖での釣りです。ターゲットは琵琶湖に生息している鱒で、琵琶鱒といいます。生態は未だ解明されてないようで貴重な魚です。
高級魚として取引されていますが、東京ではなかなか口にする事がありません。

マキノの漁村から船に乗り釣りに行くのですが、船出の時間が6:30との事で、前夜はマキノスキー場に隣接する民宿で宿泊。
新築らしい宿は部屋も食事も素晴らしく最高でした。友人3名でいろいろと話し酒を飲み、就寝。
朝5:20に目覚ましが鳴り、友人が『誰かおるで』の一言で目が覚めました。
部屋には3人のはずが、4人います。はて、誰??
パンツにTシャツ姿の男が足元からムクッと起き上がると、そのまま廊下へ出て行きました。しばらくウロウロした後、宿から外へ出て行きました??


準備を済ませ船へ向かい、いざ出船です。
{340E204D-5B62-4523-AB33-1A92F19CAB43}


向かったのは映画『偉大なる、しゅららぽん』にでてきた竹生島、上陸はしませんでしたが立派な建物が立ち、信仰の島だなという感じがしました。
{29C351DB-DAF5-4D1B-858B-FE38C96C2061}

{D039C883-4A01-4455-938B-E088C7F6501C}



琵琶鱒釣りは、船長さんの漁に同行して、掛かった魚を引き上げるような感じで、自分で釣り上げた感の無い釣りでしたが。
船長の腕が良く、大漁でした。
{4FFDF658-6BDF-47B9-9FE8-57098F38F16D}



船から降り、魚を送るのに扇屋へ電話をかけたところ、和田さんから電話があったよ。と伝言が。
もしかしてと思ったら、昨日海の中で紛失した携帯電話が岸に打ち上げられたとの事です。こんなことがあるんですね。でもたぶん水没してるでしょうが。
届けて頂いた方、若狭和田観光協会の方々に感謝です。




晩は友人宅におじゃましてビアパーティ
料理上手な友人がささっと出してくれました。
味はと言うとクセの無い上質な脂、トロサーモンの上を行く美味しさ。
感動しました!
これはまた食べたい。
焼き魚もたっぷりの脂で美味しかったです。
{839CF701-230D-4F3F-9454-84F23E06C935}


その後しばらく京都に滞在して帰宅しました。
家に届けられた小包、直ぐに携帯だとわかりました。水没していると思い、期待しないで電源を入れると普通に使え、データも全く無傷でした。
{BBD52BB6-0D59-471F-9E40-7FE14E9DF1F6}

何もかも、ありがたいとしかいえない。
一生分の運使っちゃったかな?
皆様に感謝です。
2016-06-27 12:13:52

またまた延期

テーマ:ブログ
ワイドスクランブルに紹介して頂けるの件、再度延期になったようです。

もともと、大きな出来事があれば延期されると聞いていましたが、二週続けてとは。。

次回は未定ということで、お蔵入りしないといいですが。


本日、佃店は臨時休業ですが
新富町の工房では変わらず修復を行っています。

こちらの着物、振袖ですが、順調に綺麗になってます。
焼け直しも終わり、仕上がりまでもう少しです。
焼け直しとは、縫い込みに入って光による退色無い部分を基準の色とし、退色しているところに無くなってしまった染色を掛けて染め直す作業です。
こちらの着物には紫色を掛けて直しました。
斜めから見ると少し色が掛かったのがわかると思います。
{8F62E13C-6A4D-4DCC-B2BE-C8957FCEF519}


{21A4423D-A822-49E7-9CF8-7A660BCF6559}




2016-06-20 09:02:11

ワイドスクランブル放送日延期

テーマ:ブログ
舛添さん会見により、放送日が1週間延期になるとの連絡が入りました。

27日の放送予定ですが、大きなニュースが入った場合、再度延期になる可能性もあるようです。

お時間ございましたらご覧下さい。
よろしくお願い 致します。

2016-06-18 10:10:04

6/20ワイドスクランブル

テーマ:ブログ
{ABD5DE75-AE94-41F3-8822-7E8381D450BB}

先日、久しぶりに取材を受けました。
6/20の13時すぎテレ朝のワイドスクランブルで紹介いただけるようです。

今回は事前取材1日、撮影3日と長い時間でした。昼食時や車に乗り佃店へ行く時にも撮影されていたので、どの様な感じに出来上がるのか楽しみです。

日常の工房の風景が撮られていますので
お時間ありましたらご覧下さい。

2016-06-17 20:30:04

きもの工房扇屋リニューアルオープンから8カ月

テーマ:ブログ

すっかりご無沙汰の更新となりますが、暫く休日もないままバタバタとしておりました。
infoすべきこともなかなか出来ないまま、気になりつつ今となってしまいました。

おかげさまで、きもの工房扇屋は、昨年秋から2店舗となりました。

どちらの店舗にお越しいただいても、作業をする者は変わらずきちんとした仕事を心がけ頑張ってます。

自分と弟子の染色補正作業(シミ抜き)を行っていた
佃店の3階部分が、人手も増えたため去年の10月に引っ越しました。
扇屋全部では無く、シミ抜き作業をする所だけです。

2店舗となり微妙に変わったところがあります。

新店舗(新富町店)では、お預かり時にシミ抜きの作業内容とお見積りお伝え出来るようになりました。
(洗い張り・悉皆等は1週間程)
{576516CE-4A45-4918-85A0-71B8367ADE0E}


佃店では今までと業務内容は全く変わりません。
洗い張り・悉皆の相談を受けてます。見積りは1週間程です。
{ABBB3E67-AC14-481D-9815-F3C2A32D79B2}


どちらの店舗でもですが、ご相談内容によりお見積りの期間に1週間以上かかる場合もございます。
また、以前の様にご来店いただく際は電話かメールにてご予約をお願いしています。

ご相談のお客様が重なると、思わぬ時間、お待ちいただくことになります。お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。



2015-09-20 11:32:33

リバーランズスルーイットを観て

テーマ:ブログ
{AB3BDD22-678C-4680-95A1-206DC2B379E7:01}


ちょうど1年ほど前から釣りに興味を持ち、この1年で色々な種類の魚を釣らせていただきました。

釣りを始めるきっかけになったのはサーフィンです。
サーフィンと釣りは関係が無いように思えますが、非常に多くの共通点があります。たぶんサーフィンをしていなかったら釣りもしていなかったと思います。

釣りと言えば、前のブログの祖父太郎は生前3度舟を買い替え、一時は釣船屋さんのような事もしていたとか。
以前家には数十本の竿がありました。しかし、祖父と一緒に釣りをした思い出がありません。
どうにも悔やまれす。

何年振りでしょうか、前にも見た事のある映画です。『リバーランズスルーイット』
英語に弱い僕 は、ずーっと『ランド』だと思っていました。
それじゃ内容と重ならないですね。

こちらはフライフィッシングを通しての物語です。
地球を基準とした時間の中、人が生きていられる時間は一瞬なんだなって改めて思います。
綺麗な映画です。

フライフィッシングといえば、この夏にバラキ湖へ行った時フライフィッシングをする紳士と出会いました。

その紳士は、軽快に竿を振り、竿先から伸びるラインは綺麗な弧を描き、気付けば大物の鱒を釣り上げていました。

あまりに大物だった事もあり、思わず凄いですね!って声をかけさせていただきました。

すると『良かったら、これ使って、これを使えば条件は同じだから』と僕にフライ(毛針)を手渡してくれました。

その時の僕は一般的なフライフィッシングの釣具ではなく、日本のテンカラという釣法で鱒に挑んでいました。

いただいたフライはとても美しく、これを使って良いのかと戸惑いながらも、挑戦したい気持ちもあり、お言葉に甘え自分の糸に結び付けて投げ込んでみました。

そもそも、未熟な腕なので、何度投げ込んでも魚は見向きもしてくれません。

しかし、しばらく投げ込んでいると良い具合に魚の前にフライを落とせたのでしょう、グッと凄い引きで竿を持って行かれそうになりました。

負けじと力を入れた瞬間、プチんと糸が切れてフライ共々湖のなかへ沈んでしまいました。

折角頂いたフライを失ってしまい、申し訳無い気持ちでいっぱいで、ごめんなさいと紳士に謝ったところ、『フライは無くなるものだから』そう笑顔で言いながら新しいフライをまた手渡してくれました。

なんとも言えない、大きな心に包まれた様でした。お言葉に甘え再度結び付けて竿を振りました。


何投かした後、グッと竿がしなり、合わせるように竿先を上げましたが、また糸を切られてはまずいと無理に引き込まないように左右に泳ぎ廻る鱒をしっかりと時間を掛けて取り込みました。
ありがたいです。
{CD426E77-AA50-4555-8831-7CA0D1BA2BF5:01}


お借りしたフライの水を拭い、感謝の気持ちを伝え、お返ししようとしたところ、『そのフライは差し上げますよ』と。

更に他の数多くのフライを僕に下さいました。

どのフライも美しく、また作り方も伝授いただきました。

この出会いで、また色々と勉強させていただきました。

ありがたいです。感謝です!!

リバーランズスルーイットの主人公と何処か重なるような、素晴らしい方でした。

高崎工業高校の飯塚さん、本当にどうもありがとうございました!!



2015-09-12 18:52:33

きもの工房扇屋店舗改装中

テーマ:ブログ


すっかりブログをご無沙汰しております。
書いていない間も、いろいろな事の連続で毎日忙しくして居りました。

先月から、扇屋の改装工事がはじまり、今は店舗の解体が終わったところです。


現在改装中の店舗は、僕が中学生の時に作られたもので、今から30年ほど前になります。

それ以前は、木造二階建て4軒長屋の建物でした。
祖父の若い時分に、店舗物件を探し佃を訪れた際、地元の方々が良くしてくれた事もあり、ここに店を構えたと聞いています。

今から79年前の事です。

現在は中央区佃2丁目と住所表示されますが、昔は新佃島西町と言われていた様です。
店を出て、通りの右手奧には石川島造船所、左手には清澄通り(電車通り)に路面電車の駅があり、店前の道は造船所の職工さん達で朝夕と賑わいがあった様です。

僕が物心つく頃には、路面電車は無くなり、代わりにバス停(新佃島)がありました。
その後、地下鉄月島駅が開通し、バス停の名前も月島駅前と変わりました。

町が発展し便利になる一方で無くなる物もあり、嬉しくも寂しい気持ちになります。



中学生の時に建て替えられた扇屋にも沢山の思い出があります。
学校から帰っての楽しみは、3階の子供部屋(今は染み抜き作業を行っている部屋)での音楽鑑賞。
趣味で詩吟を唄う二代目の祖父太郎からレコードプレイヤーを買って頂き、
帰宅後はヘビメタを聞いていたのも懐かしい思い出です。



仕事の形態は、元々個人のお客様相手に営業させていただいてましたが、
後に呉服販売の業者さんを紹介頂き、一時は扇屋の仕事の9割程をその業者さんからいただく様になりました。

しかし、突然の取引先倒産により扇屋に危機が訪れました。

時を同じく、その頃から数々のメディアに取り上げて頂き、個人のお客様が訪ねて来られました。
不思議なもので、本当に多くの皆様に助けて頂きなんとか今に至っています。



今後、更に仕事に精進し、お客様が着物に困った時お役に立てるような技術を
今以上に発展させ頑張っていきたいと思っています。



なお、改裝中につき、ご来店されるお客様には、大変ご不便をおかけし申し訳ございません。
お越しいただく際、お手数ではございますがお電話をいただきます様お願い申し上げます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ