ヨガのたのしい日々へ
ようこそ⭐️

神々の坐す里

宮崎県 
高千穂町へ
行ってきました。




前 宮崎県知事の
東国原英夫さんが

高千穂
で天啓を受け
知事選に立候補。

当選したということで
沢山の方がおまいりに来るように
なったということです。

今回の旅で
高千穂が
だいすきになりました。


これから高千穂神社に
おまいりに行きたい方にも
情報をシェアさせていただきますね。


宮崎県 高千穂町は
人口12000人
林業、農業、畜産
(宮崎牛が有名です)
観光が資源となる町です。




過疎化が進み
周辺には高校までしかないため
大学進学とともに若者が出ていきます。

だから
観光で来てくださる方が
大事だと
旅館のご主人が仰っていました。

高千穂の玄関には
一年中 
しめ縄が飾ってあります。

年末に取り替え
一年中、飾るそうです。

それは、
ここは
一年中、
神さまがいらっしゃるところ
だから。

標縄(しめなわ)は
神社や神聖な場所を
しめすために
張り巡らす縄です。


日本神話の中で
天照大神が

再び天岩戸に
引きこもらないように

岩戸の前に張り巡らせた縄
が起源だそうです。


玄関には神楽(かぐら)の面が飾ってあります。




田園風景が拡がる
気持ちの良い場所です。


10月から11月下旬はお神楽があります。

そのときは
旅館も混むそうです。
8月は空いている時期だそうです。

お神楽は
集落ごとにあり
一般の方も
ご一緒させていただけるそうです。

ただし
集落の
民家に
お邪魔します。

地元の方でない方は
マナーを勉強して
いかなければいけません。

本気で行ってみたい、
という方は
勉強し
さらに具体的には
学芸員、緒方さんに
尋ねられると
詳しく教えてくださいますよ。

私もぜひ、
参加させていただきたいと
思いました。



古くから続く
神様への
ご奉納の
お神楽です。

33の舞を
一晩中、舞い続ける

それを
ダイジェスト版で
お届けしてくださるのが
観光神楽。

有志の方々が
高千穂神社で
20:00-21:00
舞ってくださいます。







この会場がいっぱいの人になります。

33の舞のうち
有名なものを
舞ってくださいます。












それにしても神社が多いなあ
と思っていたら
なんと554社あるそうです!

お寺はほとんど見かけない。

……ナゼダロウ?


高千穂
歴史民俗資料館
学芸員
緒方さんに
聞いてみました。


江戸時代の終わりから
明治にかけて
天皇を中心とした
尊王攘夷運動が
この地に起こり、

明治4年の
廃仏棄釈を機に

5人組に
作らせたのではないか、
とのこと。



高千穂町には、
神話・伝説の史跡が
神社を中心として多くあります。

古代遺跡あります。

古文書もあります。
古文書講座もあるそうですよ!

学べます。

(電話)
0982-72-6139


縄文時代は狩猟中心と言われていたけど
高千穂の遺跡からは
お米など穀物も出ているそうです。


過去と現在
世界情勢
地理
歴史
民俗学

立体的に
お話を聴かせてくださった
緒方さん!

なんと三時間も個人レッスン。
ありがとうございました!

緒方さん!

学芸員さんと
こんなに話し込んだのは
初めてでした。
面白かったです。

学芸員さんは
説明義務があるそうです。
だから質問してください、
と緒方さん。

皆さん、
緒方さんにお尋ねください。

とにかく勉強されている方です。
知識にワクワクしますよー。









今日はここまでです。

今日も
いのちよろこぶ
良い日でありますように。

〜養成講座のご案内〜
 

 

9月指ヨガインストラクター

養成講座のご案内 

残席2

 

 

10月指ヨガインストラクター

養成講座のご案内

 

 

〜スペシャルワークショップ〜

断捨離と指ヨガ

 

 

 

宮本よしか
ホームページはこちら
https://enjju.com