塩ビパイプの栽培ですが大概の野菜は育てることができるし

問題もあんまりないのですがトマトみたいな大きな野菜を育てるときは

育ちすぎると根が増えすぎて根詰まりを起こすことが問題でした。

でもこのことってずっと引っかかっていたんです。

どうして根詰まりするんだろうって。

当たり前のことですがなにか腑に落ちない。

 

だけど、やっと気が付いたんです。根詰まりの原因が

エアポンプではないかって。

どうゆうことかというと根は上から下に生えます。

ところがエアポンプは空気を出して養液の下から上に泡を発生します。

つまり上から下、下から上でけんかして根詰まりを起こすのではないかって。

だからエアポンプを上から下へ流れるようにすればいいんじゃないかな?

 

さっそく試作してみないといけないですね!!!

 

ps

この記事を書いている最中に気が付いたのですが

トマトは根の長さがだいたい2mくらいになります。(もっと長くなるかもしれないけど)

普通に栽培していると発泡スチロールとか塩ビパイプの中でしか見てないから

そんなこと忘れていたのですが

うまくやらないとエアポンプの上から下への流路をふさいでしまいます。

マイコン制御かな?( ,,`・ω・´)ンンン?