*女性として、人として* | 〜*my heart with for you*〜

〜*my heart with for you*〜

ご訪問いただき、ありがとうございます。

ソチオリンピックから
羽生結弦選手を心から応援しています。

心はいつも羽生選手と共に。


テーマ:













こんばんは。こゆなです。




ご心配いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。












ここからは、スケートと関係ないので、
興味ない方はスルーしてくださいね。









  









この歳にもなると、
色々と出てきますね~










お肌の衰えを感じ始めて、
シワ・たるみがはっきりと現れて、






シワ、たるみに加えて、
白髪や薄毛が目立ち出す・・・










『いや、これは寝不足だったからだよね!』

と認めていない自分がいます。









だって好きになった人が
かなり若い素敵な人だから。








しかし、いつまでも若いと思い込んでいても
現実は色々と出てくる・・・









最近、目がしょぼしょぼしてくる・・・





『いや、スマホの見過ぎで目が疲れているだけよ!』

な~んて、まだまだ認めない自分がいたんです。
認めてしまうと老化を加速してしまうような気がして・・・









だけど




『更年期』



だったみたいです・・・











自分では感じなかったのですが、





更年期に入ると皮脂の分泌が
急激に減少するので、
慢性的な乾燥が現れるのです。







その1つが『ドライアイ』




ドライアイから紫外線の光で
目を痛めてしまいました。





痛くて、痛くて、目が開けられなくて・・・





これからは、色々なところに
乾燥が現れてくるものなんだな~と
つくづく感じました。






ずっと健康できていると、
老化というものを
受け入れづらいものなんですね。






見た目はいつまでも若々しくと思っても、
身体は正直なものです。

 







しかしね・・・







今年1年で特に老けまして






そこにあったものは




顔のたるみ、シワ、
白髪、薄毛・・・













私もね、美容の仕事をしているので、

『このままいける!』

な~んて思っていたんですけど、今年は


『ガツーン!』

と老化が表に出てきて、かなり落ち込みました。











45歳の壁っていいますが、
甘く見ていました。






老化の進み具合って
その人の背景や生活スタイルや
性格にも随分違うものだと思っているので、
まだまだ諦めたくない。






人によっては、キモいとかイタいとか
言う人もいますが、
私の周りにいる人は
そんな言葉を使う人は1人もいません。








老化が進んでいても、
諦めずに、出来ることに
手をかけています。







やはり、女性の魅力は外見の美しさ。










外見に対して自分を捨てない
でいたいなと思います。











私の周りには還暦を過ぎた先輩方がいますが、
若々しく、活動的で、
美しくて元気にしているので、
勇気をいただいています。






イキイキしていて、楽しく生きていて、
いつまでも女性として
楽しく生きている。








何事にも全力出諦めない彼のように



自分といつまでも闘う彼のように・・・









これからも老化と闘っていきたいと思います。














最後に・・・








自分の気持ちが落ちていたときに、
『ブス』『キモい』『イタい』
という言葉にとても傷付きました。




更年期に入り、外見や体力など、
自分の努力ではどうにもならないことがあって、
それは周りに理解されなくて、
説明しても伝わらなくて、
とにかく、辛くて、苦しかったです。




今は、どん底を知ったから、
助けてくれた人がいたから、
光が見えてきました。




辛い経験は時間が経てば、
必ず自分の生きる力になること。



あのとき、助けてくれた方々のように
そっと誰かに寄り添える
そんな女性でありたいと思います。



これからも、言葉で誰かを傷付けるより、
人の痛みがわかる人間でありたいです。
















読んでいただいて
ありがとうございました。


ランキングに参加しています。
よかったらクリックをお願いします。




※画像は、感謝してお借りしました。





こゆなさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス