手相の結婚線は恋愛線。 | 【大阪・神戸】開華手相鑑定士 河淵久美子

【大阪・神戸】開華手相鑑定士 河淵久美子

開華手相鑑定士 河淵久美子。対面手相鑑定(神戸・大阪・東京)手相セミナー・手相講座。女性起業
家の仕事(強み・タイミング・チャンスの時期・人間関係・集客などの経営相談)、女性としての悩み(子育て・
結婚・仕事・家庭問題)など、手相で紐解く開運アドバイス。

 

7月26日(月)

我が家の次女がとうとうアラサーですw

「まだ20代!!」と申しておりましたが三十路。

(20代で結婚したいという夢は叶ったのでいいじゃないですか)

 

 

恋愛・結婚に関連する記事まとめ↓

 

 

 

 

手相で結婚に時期がわかりやすいのは『結婚線』

 

しかしですね〜“生涯に愛した人の数”なのです。

たまに配偶者の方でないという場合があって、「当たってません」とおっしゃいます。

(戦中戦後にお年頃だった世代の方に多いのです)

 

 

または、恋愛結婚を反対されて親が決めた相手と結婚した方。

 

 

 

自由な時代かと思いますが、まだまだ結婚については親の意見が大きんだな〜と感じます。

 

 

結婚線にある基準の線は、手相家さんによっては25歳にされている方もいらっしゃいます。

私は師匠から自分で検証するようにアドバイスをいただいて、何千人と鑑定した中で、30歳を基準にした方がハマるので採用しています。

平均初婚年齢は夫 31.1 歳、妻 29.4 歳  厚生労働省のサイトを見ました)

 

 

 

 

まだ未婚でもたまに見かけるこの『結婚線』の影響線

『結婚線』が分かれています。

『離婚線』なんて言われます。

 

 

大恋愛が大失恋。

そうなるか?

結婚したけど離婚する。

 

 

 

知っていたら、努力することで回避できますね。