女性とママに やさしい お金のヒント ~札幌発

誰もが 一生のおつきあいとなる お金。

女性が お金の不安や悩みを解決して
望んでいる姿、望んでいる未来につながっていく 毎日をおくっていけるよう 応援します♪


テーマ:

こんにちは。

 

家計とこころのホームドクターこと

ファイナンシャル・プランナーの阿部 有子です。

 

高校3年生のお子さんのママ達は

教育費の負担がズシリ!と のしかかり始める時期ですね ¥

 

入学手続きで、既にまとまった額の納入を済まされた方も

多いのではないでしょうか。

 

 

可愛くて ラブ 抱っこしてるだけで、胸がいっぱい音譜 になった
赤ちゃんの頃
 
カタコト言葉に、やることなすこと 楽しくて
愛おしくて しょうがなかった ラブラブ
 
小さい頃

懐かしいですね プレゼント
 
 
やがて、子どもは大きくなり 学校
自ら進みたい道 を見つけ
 
親として、してあげられることは
陰ながら応援し、見守る ことだけになっていきますね 照れ
 
 
子どもが、
心から願う進路であれば、教育費を出してあげたいと思うもの。
 
 
けれど。
 
可能な範囲で !! というのは、大切なことです。
 
 
学費は、目先1回の支払いだけではなく、
 
今後、いつ? いくらの支払いが必要なのか? 
 
という全体像を考えることが、とても大切なんですね。
 
 
平成24年度・文部科学省のデータによると
 
「中途退学者の退学理由」の第1位は、
「経済的な理由」となっています。
 
 
 

例えば、一般的な
「4年生大学・私立文系」のケースでは コインたち
 

高校3年生の 受験合格後に、
 入学金&前期の授業料等 100万前後~を支払い 札束
 
 
②入学して半年後の 大学1年生の秋に
後期の授業料等 50万以上~を支払い 札束
 
 
③そのまた半年後の 2年生の春に、前期の授業料等50万以上~を支払い・・・ 札束
 

やれやれ、納めたと思ったら
 
またすぐ次の支払いが待ち構えるビックリマーク
 
この待ったなし手の支払いが、8回 続きます。 
 
 
今までの家計とは、突然に様変わりしますね 波
 
 

このブログ記事を書くにあたって
 
いろいろな大学・短大・専門学校の 最新の学費 を虫めがね
直接、学校のホームぺージで調べてみたのですが
 
本~当にクラクラしました 宇宙人くん
 
 
 
けれど
 
一般的な・・・学費データうんぬんは、
我が家の・・・ とはまた別の話です カギ
 
 
学費は、予定していた額より、少なく済む可能性もありますし、
予定を超えて桁違いになるDASH!可能性もありますが
 
「我が家の場合は」、というしっかりとした軸をもって、
親子で話し合うことが大切ですね。
 
 

頑張って貯めてはきたけれど
 
もしも、
 
準備していた教育資金では、足りなかったら・・・ はてなマーク
 
その時は、どうしたらいいでしょうか。
 
 
 
~一番多く利用されているのは~
① 国の奨学金制度(日本学生支援機構)です。
 

こちらは、大学等に入学してから、月額での振込となります。
 
注意点としては、
 
入学前の 「まとまった学費の支払い」 には間に合わないDASH!
ということですね。
 
 
 
 
~まとまった支払い額に足りない時に、利用を検討するのは~
②国の教育ローン(日本政策金融公庫)です。

条件はありますが、
民間の教育ローンよりも金利は低く設定されています。
 
(2017年11月の金利情報では、年率1.76%)

日本政策金融公庫の HP上で、
申込の手続きまで行うことが出来ます パソコン
 
 
 
それから 桜
 
・大学独自の奨学金制度
・都道府県・市区町村
 その他、奨学金事業団体等が行う奨学金制度
 
 
を調べることも大切ですひらめき電球 
内容は多様化し、少しずつ増えている傾向にありますよ。
 
 
 
経済的理由により授業料の納付が困難である学生に対しては、
 
・国立大学の授業料減免制度
・私立大学等の授業料減免制度
 
 
厚生労働省の貸付支援制度としては
 
・生活福祉資金貸付制度 (低所得者対象)
・母子福祉貸付金
 
そして、
 
日本学生支援機構の奨学金には、給付型奨学金も誕生しました。
(住民税非課税世帯など・社会的養護を必要とする人対象)
 
 
これは教育関連に限らず、世の中の制度全般に言えることですが、
自分から申請しないと受けられないものがほとんどですので 鉛筆
 
情報収集がとても大切です 星
 
 
 
私は
 
「子どもには教育費が、かかるかかるっショボーンて世間ではいうけれど、負債ではないのですよ。 宝なのですよ ピンクハート 」
 
っていう、以前本で見つけた言葉が好きです。
 
 
こどもは、社会の宝 プレゼント
 
 
ファイナンシャルプランナーとしては、
 
資金計画に対する、偏りのない総合的な知見・情報の提供を通して
 
一人ひとりの状況に寄り添って
家族のライフプランの実現を守る お手伝いをしていきます 乙女のトキメキ
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
以前書いた記事も、参考にどうぞ♪
 
 
詳しい制度についていは、こちらをどうぞ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

家計とこころのホームドクター阿部有子 CFP・1級FP技能士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります