2005年02月05日

生理前

テーマ:サルでもできる


やっぱり生理前の私は究極にわがままだ。
ここ2回ほどは、始まってからわがままだったけど、どっちにしろ、わがまま度は変わらない。


昨日カレは仕事で嫌な思いをした。

いま、私のいる街では毎年恒例のロデオが開催されている。そのチケットが欲しくて電話をしてきて、へこへこしていたミシシッピのある会社の社長。
チケットの都合がついたという連絡のついでに、ちょっとした頼みごとをしたカレに、もう用はないとばかりに冷たく接したそうだ。


カレの仕事は、カレに何の特にもならないロデオのチケット探しではない。断っても、彼に少しの傷もつかないのだ。
だけどカレは大抵のことは断らない。人を喜ばせるのが大好きで、更に、幸か不幸かコネは十分あって、大抵の頼まれごとは、電話何本かで片付いてしまうのだ。

だけど、その優しさが、相手の傲慢さになってかえってくることが稀にある。大抵は人の上に立つような地位にいる人間だから始末に終えない。


そんなことが一日にいくつか重なって、傷ついたカレは、車で夜を彷徨い、いつもより1時間半も遅く帰って来た。連絡もしてこなかった。



いつもなら、カレを癒すのは私の役目だ。
だけど、今回は少し違った。
昼間電話で、私はわがままっぷりを発揮し、カレを傷つけていた。重なり合った嫌な出来事に、私も大きく貢献していたのだ。

ゆっくりと座って話を始めると、ふたりとも疲れと心の痛みのせいですぐに泣いてしまった。泣き止んで、少し笑うとまた泣いた。

私はほとほと、自分がいやになった。
せっかくそばにいても、癒してあげられないなんて。それどころか、傷つけてしまうなんて。


カレの仕事での出来事を聞いてそれまでよりも激しく泣いた私に、カレは不思議そうに尋ねた。
なんでKicoちゃんが泣いてるの?
だって、Mくんはそんなに大変なのに、私はわがままだから。


生理が原因だろうと、そうでなかろうと、カレを傷つける自分が嫌いだ。カレを泣かせてしまう自分が嫌いだ。嫌なことがあったら、いつもより早くに家について、私の胸で休んでほしい。


私は、カレにとっていつでもそういう存在でいたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「サルでもできる」 の記事
2004年12月17日

疲れたよ~

テーマ:サルでもできる


義務や責任のない日々は実は疲れる。
今、家庭を守るわけでもなく家にいるばかりの私には、責任が生じない。
1週間前までは、たくさんの義務と責任におわれていたのに。
それが、すごく疲れることだと思っていたのに。

多分、充実感が足りないのだ。
パッキングばかりしてたって、充実感にもきりがある。
えぇ、そりゃ、部屋きれいですけど。

昨日今日とカレに当たった、当たった。^^;
って言っても、それまでに比べるとってだけで、6年間の内で言えば最弱くらいのあたりっぷりだけど。
で、自分で分析。
What's going on??

ストレスは、いろんなところからやって来る。
何もしなくていい気楽さは、不安を生んだりもするのだ。

例えば引きこもり。
家は引きこもり家族。
私も、姉も弟も、レベルは違えども経験している。
あれって、すごくストレスフルなのだ。

不安でしかたない。
後ろめたい。
だけど、何故か何もできないのだ。
何もしたくないのと、何も出来ないのと。
二つは激しくぶつかって大きなストレスを生む。



今の私には選ぶことができる。
何もしなくていいけど、仕事探しを始めようと思えばできるのだし。
でも、今はまだしたくない。
だけど頭のどこかで不安がある。
あぁ~仕事探さなくちゃ。

反省、反省。
自分で選んだ結果のストレスで、カレに我がままぶつけるなんて。


でも、ちゃんとごめんねって言えたからよかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2004年10月28日

乗り越えられてない

テーマ:サルでもできる
最近、思ってても認めたくないことがある。
ここに書いて認めてしまおう。葛藤はよくない、この場合。

このブログ、恋愛のジャンルに変えてからというもの、カレの浮気がやたらと記事に出てくる。

ちくちく ちくちく

カレを傷めつけてるような気がする。
私は「もう平気」といいながら、実はちっとも平気じゃないのかも知れない。平気になりたくて、だから書いてしまうのか。

こんなにしょっちゅうあのことを考えているんだから、平気でも忘れてもいないのだ。
だけど認めたくない。だって、こんなに愛していて、愛されていて。


だけど、必ずしも“Either-Or(どちらか)”である必要はないのかも知れない。と、今書きながら思った。

乗り越えられていないこの気持ち。それは「カレを許していない」とイコールではないのかもしれない。「愛し切れていない」とも違うに違いない。共存してもいいのかもしれない。

“Both-And (どちらも)”

私の学ぶ家族療法が大切にする概念だ。平気じゃなくても、カレを愛していることはできる。むしろ、愛しているから拘ってしまう過去もあるのだろう。

認めてあげよう。少しくらい不快でも、両方あって大丈夫だって。
カレを嫌いになるような予定はこれからもない。例え毎日過去の痛みを思い出したとしても。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。