平成28年6月27日の靖國神社。

靖國神社、第一鳥居にて。

画像は いざ靖國さまよりお借りしました。

 

近くの小学生の下校風景です。学校の教育がしっかりしているのが、皆第一鳥居で深くお辞儀をしていました。(いざ靖国さまのツイッターのツイートより引用)

 

私たち大人がこの子らに教えられる一枚の画像です。この子らの学校教育はもとより家庭教育、躾までが垣間見れます。わが国の素晴らしさは伝承、継承していくことです。現代日本人の多くの方々に見て欲しい一枚です。

伝承とは、受け継いできた技術などをそのまま後世に伝えていくことを言います。民間の風習、例えば祭事のしきたりなどもそうです。
生きた伝承を後世に残す、受け継ぐ とても大切なことです。

靖国でお辞儀をする子どもたちのお辞儀も伝承のひとつです。

他国にない万世一系の皇室をいただき、古来のしきたりや風習、祭事を今日にまで伝える日本。いつまでも日本が日本であってほしいと筆者は願うのです。

 

 

伊藤ハム 伝承CM松本家御用達  ニ代目 松本 白鸚( まつもと はくおう)

 

 

この記事は昨年7月、ヤフーブロブに投稿したものです。