犬が大好きなエステティシャン

小林のり子でございます
 
 
今日は一昨日の稲刈りの様子を!と思っていますが
私が撮った写真も友人が撮った写真もどれも素敵!!
 
私は帰ってきてから写真を見てはその時の様子を思い出し、ニタニタしています(笑)
 
なので
今回はブログというより写真アルバムのような感じでございます
 
 
 
 
 
{59F3CFBA-D8D1-45E8-B2E1-5556091244FD}
☆たわわに実った稲穂です(^v^)
 
 
5か月前に発足した短パン田植え部
田植えのときはまだ小さな青々とした苗でしたから
 
この金色の稲穂を生で見た時はもう感動しました!!
 
 
 
 
前回と同じく、AM 10:00
長野駅に集合です
 
 
{93B0315C-9C77-4712-88E7-D72ED88A4538}
☆私はとひと足早く、お友達の直美さんとみわこさんと長野に着きました
 
 
ユニフォームとして
皆でお揃いの紺色の作業着を着ていますから、
新幹線の中で知らない人たちから怪しまれる
レディースか何かの集会かって?(笑)
 
 
 
 
{FB3776B1-E362-4076-87E7-B808170E4F28}
 
 
10:00ぴったり、続々と男性メンバーも到着です
 
 
 
みんなでバスに乗り込みさあ出発!
 
大の大人が子供のようになって
まるで遠足ですよね(^v^)
 
 
 
{FF2929E8-522E-49C2-9315-75FA24627B0B}
 
 
 
 
 
 
現地に付いたら
お揃いのタオルも頭に巻き身支度
 
 
image
 
 
 
 
いざ田んぼへ向けてここからは徒歩で向かいます
 
 
{51961901-7442-44A7-8B5E-662B516DCCFB}
☆この時はまだ、みんな元気です(笑)

 
 
 
 
 
 
{A9ABC932-7545-4773-916E-B6B792C274F4}
 
 
朝は雨が降りそうなくらい曇っていたのに
田んぼに着いたら見事に晴れました~
 
日焼けは覚悟の上!!
 
 
 
 
 
 
それでは、
 
 
{FB3918BD-8D33-4C45-81A0-D8597FC5A75E}
 
短パン社長のこのポーズで稲刈りスタートです
 
 
 
 
 
 
{FD01BAA6-23AD-41B1-BBF0-D08A0BC13709}
 
 
運転手&カメラマンの陽田さん
稲刈り機を持つ姿がなんだか似合っています
 
 
 
 
 
 
{C3CD91E7-0D19-4B0A-AF75-15AEF48BC229}
 
 
副部長であり宿泊先の五龍観ホテルのオーナーのゆかりさん
このポーズも笑顔もとても素敵です
 
 
 
 
 
 
 
{6BF0DA8D-9791-4929-A593-E7355E072C26}
 
 
 
ドローンからの空撮担当、クルゼさんの秘蔵映像です
 
滅多にアップではうつらない方のショットでございます
 
 
 
 
 
 
{2195A841-2CFC-46DE-A67B-4BC544BFE79A}
 
行き帰りの新幹線メンバーで
 
 
 
 
 
 
{C0D17B74-FC42-4FB3-8A2C-B70D07D9B0ED}
 
 
長野市周辺のことは近くにお住まいの倉ちゃんへお任せ
帰りのときは色々とありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{7C6B4BF5-BBB8-4F1C-8C54-09AD1EE77A76}
 
 
ちょうど半分稲刈りをしたところで
飲み物と果物で一休み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
image
 
これは好きは写真のひとつ♪
 
 
 
 
 
 
{73F9336B-513C-4A71-B734-253F4ECC91D9}
 
 
お仕事大変な中お疲れ様です
秘蔵映像②、マイアミDさん
 
 
 
 
 
 
{2655E89E-D71C-4D69-B8EF-13F784F6A21D}
 
それを同じポーズで真似するワタニーさん
 
 
 
 
 
 
{CFD46331-CCB8-4C78-BAA3-2D39B83175B4}
 
そんないつも変顔対応のワタニーさんも・・
このショットは珍しく真顔!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
{8D98A61B-0A7C-4D21-83F9-18D625169F17}
 
短パン社長との唯一の写真
撮ってもらいました
 
だいたいいつも撮りそびれます(笑)
 
 
 

 
 
 
 
 
{084B6C48-6C26-4A82-A440-7EA918D3B002}
 
 
刈り取った稲は束ねて
「はざかけ」といい
こうして逆さに干して乾燥させます
 
ここまでの作業を
わずか田んぼひとつ分
 
 
 
 
 
{84455BB7-8085-4C0F-9A0A-B1C75BB580C1}
 
 
半日かけて大人数で作業致しました
 
けっこう時間もかかりましたから
他の全ての田んぼも同じ作業をするって・・・
けっこう大変です
 
これだけしかしていないのに
私は筋肉痛(笑)
 
昔はこれが当たり前だったんですよね?
 
 
 
この稲はこの後脱穀をし
新米として私達の口に入るのは11月中旬
 
 
 
image
 
 
また来月このメンバーでご飯を食べるのです(^v^)
 
 
 
こんなに大変なんだなって思うと
お米が本当に大切な金ように思えました
 
 
 
さて、この後のグルメ編へ
 
続く・・・かな・・