福島の避難地域などで保護された猫たちが、生涯の家族を求めて上京し、浅草にて開催する譲渡会に参加致します。


6月24日(日曜日)午後1時〜4時

『ギャラリー・エフ浅草』にて
(台東区雷門2-19-18)

今回も相変わらずギリギリになっての告知ですが、ひとつでもいのちを幸せへと繋げるために、福猫舎からの参加猫たちのうち、第一弾の三匹をご紹介させて頂きます。


◆姫ちゃん。


色柄…シャムミックス長毛
年齢…8〜9歳
ワクチン…三種混合ワクチン接種済
ウィルス検査…FIV/FelVどちらも陰性
不妊手術…済
検便…駆虫済み
性格…
ツンデレ小悪魔系の甘えっこ
体重…3.5kg
保護場所…浪江町津島
保護日…2013年4月23日
特記…毛玉になりやすい毛質です。臼歯を全て抜歯しています。


原発事故により現在も帰還困難区域になっている浪江町津島で、飼い主さんが避難先から通い餌やりを続けていましたが、2013年3月末に住民であれば通れていた道が封鎖されることになり、飼い主さんからお預かりしていましたが、昨年の終わりに久しぶりに面会に来てくれた飼い主さんとたくさんお話をして、最終的に手を離してもらうことが出来たため、終の住処を探しに上京致します。


姫ちゃんはマイペースであまり場所見知りも人見知りも無いため、先住猫さんが繊細な性格の猫さんだと、姫ちゃんが強気に出る可能性もあります。

姫ちゃんは自分が可愛いと知っていて、ツンデレ系…というかジャイアン系なため、他の誰かが甘えていると大抵割り込んできます。

かと言って抱っこが特に大好きな訳では無く、自分に注目されたり撫でられたりすれば満足して去っていくという…w。


姫ちゃんは自分から膝に乗ったり側に寄り添って撫でられるのは好きですが、持ち上げられる抱っこはそんなに得意ではありません。

なのに気が向くと自分だけを抱っこしていろと言う態度も取るので、ひとりっ子が向いているようにも感じられます。


姫ちゃんは四兄妹の紅一点。
兄妹猫の三朗くんは幸せを見つけてあげる前に、空へと走って行ってしまいました。

次朗くんは先に飼い主さんから了承が取れたため、既に里親さんの元で金次郎くんとなってのんびり幸せに暮らしています。

一朗くんは、現在もシェルターに居りますが、パニックになりやすい性格なため、譲渡会への参加は断念しました。


元は原発事故前の2009年秋に津島の道端に段ボールに入れられて遺棄されていたのを、飼い主さんが見つけて育ててきた子たちです。

一度めは遺棄による、二度めは人災による飼い主との別離。

もう、三度めの別離はさせたくありません。

絶対に手を離さず最期まで一緒に暮らしてくださるおうちを探しています。



ただ、ひたすらに自分のペースで甘えたい。

そんな姫ちゃんを迎えてくれるおうちが、どうか見つかりますように。




◇タロウくん。

{EC6C92ED-DBAA-4A19-9951-6FD57A36F5C1}

色柄…シャムミックス
推定年齢…4〜5歳前後
ワクチン…三種混合ワクチン接種済み
ウィルス検査…FIV/FelVどちらも陰性
不妊手術…済
検便…駆虫済み(まだ出る可能性があります)
性格…デカい身体で仔猫のような無邪気な甘えっこ
体重…6kg前後
保護場所…飯舘村
保護日…2017年12月3日


原発事故により全村が避難地域になっていた飯舘村で保護されました。


飼い猫が衰弱して保護され避難先で飼い主さんと暮らし始めたあとも家人の厚意で給餌ポイントとして使わせて貰っていた餌場で、それまでは見たことがなかったタロウくんが現れ、そこに居着いていた猫さんの姿が消えたこともあり、更にはそのおうちの解体が決定したため、解体が始まる前に…と保護されました。

保護されてみたらベタベタの甘えっこで、保護時点で6.4kgもあった大きな身体でドスンと膝に乗ってきます。

まるで仔猫のように無邪気に走って飛んで遊んでいますが、ジャンプする度に大きく揺れるキャットタワーがいつ倒れるかとヒヤヒヤする程ですw。

他猫さんと遊ぶのも楽しくて仕方ないようで、遊びたい気分になるとはしゃいで突然タックルするので、女の子たちからは空気の読めないヤツ…と冷たい視線を浴びていますw。

さすがにシニアの子には少しだけ遠慮しますが、家や猫、ヒトにも慣れるのが早く、空気を読むのがとても下手なので、繊細な先住猫さんが居るおうちにはお勧め出来ません…。


保護当初はドライフードをガッついて食べていましたが、今はいつでも食べられるのだということをちゃんと理解したようで、ガッつくことはありません。

他の子が甘えているのを見て自分も甘えたいと思っても、ねだるのがまだへたっぴなので、側にそっと座って撫でろオーラを出してみたりする一面も。


おやつは少しの量で満足してくれますが、ちゅ〜るが大好きで、食べている時は必ず変顔になってますw。

{127D8E18-66D9-47BA-A3D5-537F485D5194}


繊細なんだか大らかなんだか、読みきれない不思議な猫さんですが、この大きな身体をどっしりと受け止めて、たっぷり遊んでたっぷり甘やかしてくれる家族が見つかるといいな、と思っています。


{80B175ED-64FA-4FB7-BD6A-B3B39002B211}

{8D34033E-A570-49D2-A09E-1ACD2E96A632}

{A9C7A843-1FF0-4BB2-99ED-72D02B5C63BE}



◇ハッシーくん。

{23DCCBD1-6A83-481B-AA17-A441A532C25C}

色柄…白黒
推定年齢…4〜5歳前後
ワクチン…三種混合ワクチン接種済み
ウィルス検査…FIV/FelVどちらも陰性
不妊手術…済
検便…駆虫済み(まだ出る可能性があります)
性格…撫でられるのが大好きな甘えっこ。
体重…5kg前後
保護場所…大熊町
保護日…2017年12月17日


原発事故により今も帰還困難区域になっている大熊町で保護されました。

{1261B17D-7046-4DC1-86CC-340381EA3DA8}

保護してくれたのは、震災直後からずっと東京から福島にレスキューに通い続けている友人ボランティアのMさん。


保護される前週に私が圏内レスキューに行った際に目撃したため、数日後再度保護に向かいましたが保護出来ず、次週のレスキュー時にMさんがかけた捕獲器に入ってくれました。


{B8644694-0FAA-406E-85C5-19B5BAF37528}


ヒトを知らない分物怖じすることも無く、撫でる手の嬉しさと、おやつの美味しさに、すぐに陥落してすっかり甘えっこになりました。

飢えの記憶が抜けなくて、保護当初はご飯をあげるとガッついていましたが、フリーになってからはガッつくことはほぼ無くなりました。

ですがおやつはお皿によそうのを待ちきれず、出されるとちょっ早で完食してしまい、他の猫さんの分まで盗もうとしたりします…。

場所見知り猫見知りは少ない方なので、おうちに慣れていくのは早いと思います。

ハッシーくんも多少KY系なので、女子には少し敬遠されがちですが、他の若目な男のこや上記のタロウくんとはドタンバタンと取っ組み合って楽しそうに遊んでいます。


手足が長くとてもスタイル抜群なハッシーくんですが、顎ニキビが保護時はかなり酷く、今もまだ顎は黒く汚れているので、抱っこしながら顎のケアをしてくださると嬉しいです。


甘えたくて撫でられたくてストーカー気質のハッシーくんを、たくさん甘やかしてくれる家族が見つかりますように。


{7D917E50-9AD5-49B2-B966-04DB3488D6DE}



上記の他にもチーム福猫からは、飯舘村の餌場解体により緊急保護され、預かりのニャンママさん宅で家猫修行中の綺麗な灰白のなつめくんや、ちーむぼんぼんからも甘え上手なつるこちゃんなど、ずっとの家族を見つけたい子たちが参加します。


ご来場を心からお待ちしています!!