今日の福猫舎6-1012

テーマ:
やっと痛みも苦しみも何もなくなって、穏やかな顔をしている仁くんの隣で、泣きながら横になってたら、朝陽が部屋に射し込んできて。


まだもうちょっと…とか思いつつ、部屋の外がどんどん明るくなるのを見て諦めて、最後にもう一度仁くんをぎゅっと抱き締めて、冷たいお鼻にキスをして。


少しだけ気が済んだような気持ちになって、それでもたまに泣きべそかきながら朝のお世話をしていたら、たこちゃんからのLINEが届き、キボンヌくんが痙攣を起こしたという文字を見て、診察に付き合うことになったから、急いでお世話を進めてて。


もうじき到着しそうだというLINEが届いたけど、まだゴミ出しが終わっていないよどうしよう…。


だけどいのち優先!と持てるだけのゴミを持ち、その足でそのまま病院へ。


診察の間も後肢に跛行が見られたキボンヌくん。


嫌な想像から逃れきれずに、たこちゃんに抱っこされてゴロゴロ言ってるキボンヌくんを撫でていた。


諸々の検査が終わり、先生の説明をなるべく噛み砕いて説明したりしながら、一旦入院になったキボンヌくんのケージを覗いて声をかけ。


寂しいだろうけど後でオバチャンが様子を覗きに来るからね。

それまでちょっと待っててね。



たこちゃんと手を振り別れ帰宅して、駐車場に車を停めたら、まだゴミ置場にゴミが残ってた!


急げーー!!と急いでゴミを運んで、全部のゴミ出しが出来ました…。


毎週二回のゴミ出しで、毎回10袋以上ものゴミが出るから、一回出せないとかなり切実だから助かった…。


午後は少しだけベッドで寝ないと身体が保たないぞ…と思っていたから、その前にやれるだけの作業を終わらせて。


せっせとお昼の作業をしていたら、いつもご支援くださるNさまからの嬉しい贈り物♪


メインフードに混ぜているロイカナのドライフードや仔猫用のドライフードの小袋が。


トフカスサンドも二袋!


何故かトイレの砂はなかなか希望数までのご支援が集まりにくいから、NさまやYさまがいつもリスト外から送ってくださることで、ギリギリ綱渡りの状態で。


今回も本当に助かりました…。


本当にありがとうございます!!


仕分けを終えて洗濯を途中まで終わらせて、乾燥機待ちをしている間に、久しぶりにベッドに転がって。


待ち受けているのは甘えさせてもらえずに不満満々のおちびたち。


母に無理を言って買ってもらったふわっふわの毛布も届いてたから、早速敷いたらあっという間におちびたちが集まってきて奪われたw。


カツくんはデッカいゴロゴロの音を鳴り響かせて、あたしにピトッとくっついて。



シーちゃんは毛布の上でご機嫌さん♪


ガイアくんなんてトロトロに蕩けてるw。


ちたまちゃんとテラちゃんは姉妹揃って猫団子♪


雷蔵くんも蕩けた顔して、ゴロゴロと喉を鳴らしてた。



かーちゃん、いっぱいいっぱいだけど、きみたちのおうちを絶対に見つけるからね。

里親さんの決まったちたまちゃんとテラちゃんのように、ホントの家族の元にしっかりと送り出してあげなくちゃ!


闘病っこにかかりっきりで、遊んでも甘やかしてもあげられなかったのを取り返すように、おちびたちをたっぷり甘やかしてたら、寝てる時間が無かったよ…w。


だけど横になっていたおかげで身体が休めたし、おちびたちのゴロゴロ音に癒されたから、かーちゃん夜も張り切って頑張るよ!


でもその前に二夜ちゃんの病院だ…。


二夜ちゃんを連れて車に向かっていたら、綺麗な夕焼けが。


仁くんもそっちに居るんだね。


空を見てぼんやりしそうになっだけど、二夜ちゃんの抗議の声に我に戻って病院へ。


食欲も元気もあるけれど、痩せてきてる二夜ちゃんの検査を後回しにしてしまっていたから、不安になりつつ結果待ち。

キャリーが大嫌いな二夜ちゃんを、抱っこしてたら猛烈なゴロゴロ音を鳴らしているのを見て、先生が笑ってた。


そして出てきた検査結果は、びっくりする程の標準値。


痩せてきてるし声がデカいから、疑っていた甲状腺も正常で。


む…ならばなんなんだ…?

単なる加齢のせいなのか…。

保護した時点でばーちゃんだったから、それから四年以上経ってる訳だしね…。


ふぅ…でもまぁ安心したよ。

定期的にしっかりチェックしていきましょう。



帰宅して夜のお世話を始めたけれど、今日は朝もお昼も夕方も給餌ペーストを嚥下出来なくて、給餌を諦めケアをするしか出来なかったカトチャンくん。



完全に突っ張って固まった四肢を、リハビリを兼ねて動かしてみたり、お水を脱脂綿で口に含ませることしか出来なくて、無力感満載で過ごしてた。



もう何もしてあげられないのかな…。



通院した時も先生を困らせて、何かないのかと質問責めにしてみても、色好い返事は貰えずに。



寝る前にまたネットの海を彷徨って、何か拾える情報が無いか探してみよう。そうしよう。



可能性がゼロじゃない限り、絶対諦めたりしないから!




明日も頑張ろう。






今日の福猫舎6-1011

テーマ:
眠いけど頭がテンパってるから、ちょっと寝ただけで飛び起きて、起きた自分に苦笑しながら、もう一度寝ようと思っても、二度目はなかなか眠れずに、どうにもうまく気持ちをコントロール出来ない自分に手を焼き続けて起きた朝。


闘病っこたちを見回ってから、朝のお世話を始めたけれど、あわやのところから復活してきたローリエくんは、今日もご機嫌が宜しくて。


段ボールをバリョバリョしながらおやつをねだり、すぐさまポケットからちゅ〜るを取り出しはいどーぞ。と差し出して。


まだまだ食べる量は足りないけれど、ローリエくんのペースでいいからさ。

ゆっくりゆっくり調子を上げて、低空飛行でいいからのんびり過ごしましょ。


酸素室に入っているけど、なかなか復活してくれないミッチーくんは、酸素室を開けるとか細い声で抱っこをねだるから、甘やかしながらケアをして。


本来ならば軽く2kgを超している筈なのに、痩せ細った身体を撫でてると、切なさが積み重なっていく。

毎日朝晩お注射されて補液され、投薬されて給餌をされても、ゴロゴロと喉を鳴らしてくれるミッチーくん。

頼むから、戻っておいで。

かーちゃん、手を離すつもりなんてこれっぽっちも無いからね。

絶対絶対元気なミッチーくんに戻ってきてもらえるように頑張るからさ。

一緒にとことんがんばろね。



朝のお世話の途中から、笑えないほどに私のお腹が壊れてしまい、疲れが溜まってるんだよね…と、シクシクと痛むお腹をさすりながら、何とか朝のお世話を終わらせて。


ふと気が付いたら雨が降りそうな空模様。


やば…と急いでご支援物資の仕分けをしたけど、写真撮るのを忘れてた…。


毎月ご支援物資を送ってくださるOさまが、手洗い石鹸と共に送って下さったペットシーツに、Mさまからは給餌フードが10袋!


えんやこらさと片付けて、遅すぎる朝昼メシをかっこんで。


キャリアっこ部屋に入って、ペットシーツの上に座り込み、仁くんの痩せてしまった身体を撫でながら、ホントに頑張り屋さんだね…と、何度も名前を呼んでいて。


だけど仁くんの呼吸が浅く早くなり始めてきてたから、まるこのところに届け物があったのを、今日は行けないと伝えようと部屋を出て。


ハラいてーし仁くんが危ないし…と、電話をかけて、明日に延ばして貰ったけれど、部屋に戻って仁くんを撫でようと手を伸ばしたら、部屋を出た時と同じ姿だったけど、仁くんはもうそこには居なかった…。


仁くんの、長い長い戦いが。


静かに、終わったんだね。




たった数分だけなのに。


抱っこして送らせてくれたら良かったのに。



でも、もう、辛くないもんね。



それなら、いいや。




ようやくゆっくりと抱き締められた仁くんを、泣きながら抱っこして撫で続けていても、泣き疲れて仁くんを安置するための箱を探しに行って、仁くんにおやつを持たせて安置していても、小玉くんが側から離れない…。






猫が苦手だった仁くんに、初めて出来た友だった。



ありがとう。

小玉くん。

ありがとう。




誰かが近づくとつい唸ってしまう仁くんは、最初はなかなかみんにゃさんに馴染めなかったけど、小玉くんが真っ先に受け入れてくれてからは、どんどんみんにゃさんと仲良くなっていった。



今朝も、さっき部屋を出る前も、千秋くんとずっと団子になって寝ていたけれど、撫でると嬉しそうな顔していたもんね。






泣き続けて泣き疲れ、それでも涙が止まらずに泣き続けていたら、隣に寄り添い続けてくれている小玉くんに、見守られているような気がしてた。

キャリアっこ部屋で誰かを見送る度に、誰かがあたしを助けてくれる。




あたしがみんにゃさんを支えている訳じゃない。

互いに支え合ってあたしは生きているんだね。




今も小玉くんは仁くんを安置した箱の中で、仁くんに添い寝をしてくれている。



もう、ねぇ、たまったもんじゃねぇ…。



こんなの見てたら涙が止まる訳ないじゃんか…。



ホントにたまったもんじゃねぇ…。




それでも時間は非情に流れ、夜のお世話もケアも始めなきゃならない時間がやって来る。



泣き過ぎて割れそうな頭の痛みを耐えてたら、お腹の痛みが消えていた。



うん。

そうだよね。

これはかーちゃんのお仕事しろってことだよね。



って独り言ち、顔を何度も洗って頬っぺたをパシンと引っ叩き、かーちゃんのお仕事始めるよ。



今日は夜のお世話とケアが終わったら、仁くんを抱っこして寝るんだもん。



最初で最後の添い寝タイム。



あたしからの最後の贈り物。



だからかーちゃんはお仕事頑張るよ。




明日も頑張ろう。


今日の福猫舎6-1010

テーマ:
キャリアっこ部屋の床にマットを敷いて寝転がり、ほんの僅かな睡眠を甘えっこのみんにゃさんに邪魔されつつも、クスクス笑ってたらいつのまにか寝ていたようで、ガバッと起きたら一時間半ちょっと経っていた。


少し寝坊したけどこれくらいなら大丈夫。


ちょっと寝られたからかーちゃんは今日も元気だよ。


なんて言いながら、カーテンを開けてマットを片付け、仁くんをゆっくりと撫でていて。


仁くんは本当に頑張り屋さんだね。



かーちゃん、泣かないでいるのに必死だよ。



すげーぶさいくな作り笑いをしながら仁くんを撫でてると、必ず小玉くんが寄って来て、仁くんをグルーミングしてくれる。



猫の輪に入れずに保護された仁くんが、とっても仲良くなった小玉くん。



今日もゆっくり一緒に寝てなさい。



シャワって着替えて朝のお世話を始める前に、カトチャンの様子を覗きに行ったら、四肢ともピーンと突っ張ってカチンコチンで動かなかったカトチャンの足が、う…動いた!!



動いたと思ったらカイカイしようと一生懸命な所を、動画を撮るつもりが写真になっちゃった…。



きっと訳の分からない写真に見えるよな…まぁいっか。



少なくとも後ろ足が動いたんだ。



頑張れ!頑張れ!頑張れ!




あまりの嬉しさにテンションが跳ね上がり、張り切っておやつタイムにしなきゃ!と、今日のおやつはフリーズドライのささみぱーちーだ❤︎



ふっふっふ❤︎
みんな喜ぶぞー!


二袋のフリーズドライのささみをひたすら解し、勢い良く寄ってくるみんにゃさんを掻き分けながらそれぞれに取り分けて。


解すのには時間がかかるのに、食べるのは一瞬で終わっちゃうw。


だけどみんにゃさんが満足顔して顔を洗ってる姿が嬉しいよ♪


キャリアっこ部屋のおやつタイムを終えて、護くんに給餌をしていると、おやつ食べた後なのに護くんの給餌ペーストのお余りを貰おうと、舌舐めずりしながら待ってる史くん。


史くんったら後ろから見るとまるで丸い生物に見える程育ってるのよね…。

まぁ痩せっぽちなのよりはいいけどさw。


そしてかーちゃんの相棒をしてくれている巌くんが、仁くんにばっかりかまけてるかーちゃんに不満満々の顔をしてたから、ちょっとだけふたりでいちゃこらと。


甘えてばかりでごめんごめん…。

甘やかされるのが大好きだっていうのにね…。

いつもいつでも大好きだから、それだけは分かってちょーだいね。


相も変わらずドタバタしながら、何とか朝のお世話とケアを終わらせて。


ようやくありつけた自分の朝昼ご飯をかっこんでから、今日も届いてくれたご支援物資の仕分けと開梱を。


給餌用のシリンジに、トイレの砂に手洗い用のキレイキレイ。


先日twitterからお問い合わせを頂いた方からは、お空に旅立った猫さんが遺してくれたドライフードと一緒に、美味しそうなおかきが入ってた♪


クタクタでヘロヘロな心と身体が、こうして毎日届く贈り物と一緒に詰まってる優しい気持ちに救われほわっと暖まる。

本当にありがとうございます!


頑張り続ける仁くんに、してあげられることの少なさに、情けなくて悔しくてキャリアっこ部屋に入る度、涙が滲みそうになるのを耐えながら、ゆっくりと仁くんを撫でてると、ちいさなちいさなゴロゴロの音が聞こえてきた。



ズルイよ…泣かせないでよね…。



だけど気持ち良いと思ってくれるなら嬉しいよ。




後肢の突っ張りは緩和されたけど、前肢は相変わらずピーンと突っ張り動くことも出来ないカトチャンは、嚥下も上手く出来なくなっていて。



ほんの僅かなペーストを口に含ませて、喉がコクンと動くのを待っているしかないのがもどかしい…。



してあげられることの少なさに、情けなさだけが増していく…。




もなかちゃんは先日の外注検査の結果が出たけど、リンパ腫の疑いが晴れてくれた!



リンパ腫じゃないなら、あとはかーちゃんが頑張ればいいんだもん!


変えたお薬やお注射の効果が出てきて、今日は久しぶりにナイスなンコさんを見られたよ♪



食べる量も増えてきて、かーちゃん嬉しくなっちゃうよ。



減ってしまった体重を、しっかり取り戻せるようにがんばろね!




夜のお世話とケアも無事終えて、カトチャンの様子をチェックしながらの長い夜。



仁くんを撫でてると必ずトコトコやって来て、撫でてと鳴いて甘えるショウくんと、割り込んできては不満を訴える護くん。




お口の痛みが強くなってきて、サプリを追加で飲まされたから、不貞腐れてる海人くん。



みんなの時間がゆっくり流れるようにと祈りながら、今日もキャリアっこ部屋で過ごしましょ。




あたしは、今日も長い夜を猫たちと共に過ごしてる。



毎日があっという間に過ぎゆく中で、猫たちを守ろうと足掻いてるつもりでいても、本当は猫たちに癒され助けられ、猫たちに愛され守られて、ゆらゆらと時間の波に猫たちと共に浮かんでいるんだな…。



なんて思ったら、ちょっと嬉しくなっちゃったw。



自分の不甲斐なさやヒトのチカラの足りなさを嘆いているだけじゃ、足も手も身体も動けなくなってしまうから、みんにゃさんのかーちゃんとして、心からの愛をみんにゃさんに伝えられるように頑張ります!



明日も頑張ろう。