ユウガッタチャンス

テーマ:


今日は夕方から柳が崎。



17:30~20:00まで。


一級ポイントがガラ空きだったので入ってみます。


強風のため3インチトレーラーのヘビキャロからはじめます。



すると1投目からバイト。



手前まで寄せてきたところで、波にやられてバラし。



30センチくらいか。



しかもその反動でシンカーが手前の岩に食われて仕掛けが殉職…



さい先よく1投目から掛けれたので、再びキャロをリグりたいところやけど…



予備のキャロワイヤーがない。



なので



持ち合わせのルアーからチョイス。



ハードプラグが複数と…



キャロ用のワーム複数と…



師匠直伝のギルフラット!



強風の影響と波、切れ藻がかなり漂流していたのでハードプラグはbadチョイス。



なのでギルフラットをチョイス。



強風と波とウィードなんかを考慮して少し重めのネイルシンカーをぶっ刺します。



そしてキャスト→放置



を繰り返し。



繰り返し…



繰り返し…



約2時間。



日が沈んで波風弱くなってきたタイミングでした。



ん?。


食ッた?



ラインテンションを緩めてステイさせていたので、漂流している切れ藻が弛んだラインに絡んでるとおもったのですが



竿をあおってみると何かに引っ掛かってる。



感触的にウィードの塊かなとおもいましたが、テンションかけて訊いていると



ぐぐっと。


生命感?…



いや生命感どころかグングン持っていく。



慌てて追いアワせ的なのを入れて戦闘体制へ(汗)



ロッドがぶち曲がってるじゃーないか。



コレはデカそう。



が、しかし



少しの間ファイトを楽しみましたが、ファイト中に抜けました…



フッキングがしっかり決まってなかったのか、かかりどころが悪くて身切れしたのか。



逃した魚はデカかった。



けども、なんだか釣れそうなかんじがするので再びギルフラットをリグる。



するとそのあと何投かしたのち。



クッ。クッ。クーッ。



って感じで走ったので。



今度は大きめのフルフッキング。



さっきのデカソウなヤツの手応えが残ってたので、あんまり手応えがなかったのですが


ようやく本日初フィッシュ。



そしてメジャーボード入魂です。



普段は40クラスの魚のウエイトはあまり計らないのですが


1495g



一応、計っておきました。



これから感がありましたが、この後は一投もせずに撤収しました。



なんとなくですが次回に運をおいておこうと。(笑)



気分的にとくに後ろ髪を引かれることもなくスッキリとした撤収でした。



いい感じです。



少しずつ復調の兆しが見えかけの柳が崎でした。