西欧州の人必見⁈さとうが使っている海外転送業者をご紹介! | さとえみ日記

さとえみ日記

大阪生まれでベルギー暮らしの似顔絵師佐藤恵美がつづる、ニガオエファミリーな毎日。
フランダースな夫と娘にかこまれ、家事と育児と似顔絵に奮闘中(´∀`)

{61A4492C-201B-4FF2-887F-775BD0836D45}
今回文字だらけやで!

まいど!こちらは大阪生まれベルギー在住で三姉妹を育てる似顔絵師さとえみのブログです。

三越銀座のベルギーフードフェアのコラムを担当させていただきました。→こちら
 
赤すぐネットみんなの体験記にて不定期連載をさせていただいております⇩
 
 

西ヨーロッパだけかもしれませんが…。

ベルギーにEMSで荷物を送ったらえらいことになるということを以前記事しました。

今回はそのさとうが使っている海外転送業者を今回紹介いたします。

以下ほぼその業者に関する記事なので興味ない人はスルー&ターンでお願いします。

 

さとうが知っている中ではSAL便を取り扱っているのはこの業者だけです。

 

⬇️

御用聞キ屋

 

※画像はサイトからお借りしました。

 

3年以上使っていますが、ていねいな対応です。

 

荷物を2キロ以内にまとめてもらいSAL便の小型包装物として送ることが出来ます。

 

発送指示の備考欄に「SAL便の小型包装物として送りたいので2キロにまとめてください。余った分は取り置きで」と書くだけでオーケー。

 

さとうは主にこどもちゃれんじをこちらで転送してもらっています。

 

 

だいたいこどもちゃれんじ2個分が2キロに収まります。

 

よく2キロより余る場合もあるので、好きな子供服ブランドの服とかルマンドを入れてもらうこともあります。

 

 

※こどもちゃれんじは教材が豪華な月としょぼい月があり、しょぼい月(年間教材スケジュールでわかる)の時に見越して送ります。

 

不要なダイレクトメールを処分してくれ、チラシも抜いてくれる。

 

荷物が転送業者に届くと届きましたよメールが来るのですが、荷物が届く予定がない場合や明らかにダイレクトメールであると思われる荷物である場合、破棄してもらうことが出来ます。
2キロに収めるために「すっくやコンサートのお知らせのチラシは抜いておいてください」と書いておくとその通りやってくれます。

すっくはベネッセがやっている通販の名前ですが、ほしい時はサイトを見れば良いだけだしコンサートは海外在住者には行きたくてもいけないイベントなのでその為に送料を払うのは無駄なので助かっております…。


以上の方法でさとうは次女三女のこどもちゃれんじ、長女の進研ゼミ(あとこどもちゃれんじイングリッシュ)を日本から転送してもらっています。教材によっては荷物が2個口になる場合もありますが、SAL小型包装物の場合2個口までなら関税もスルーのようなので(ベルギーのさとう調べ)気にせずに送る場合もありますし、2個目の荷物を取り置き指示をして次の月の教材と共に送ってもらうこともあります。

 


 

 

こどもちゃれんじには海外在住者用の窓口もあるにはあるのですが…

 

その発送方法はEMS一択なので使えないワケですよ…。(´;ω;`)ブワッ
あと、二人以上受講する場合はまとめて送ってもらって安く済ませた方がお財布にも嬉しいです。

 

 

家族に頼むのは少し疲れたな〜、と思ったら。

 

うちの親だけかもしれませんが、上記の指示をうまく出来る人はそうそういません。
うちの親だけかもしれへんけど、郵便局に行くのにもめんどくさがったりします。

うちの親…(以下略)ルマンドとか買ったら「こんなもん買うんか」と言ってきたりします。

あと送料とかを全部負担してもらうのは地味に心苦しいなぁ〜と思ったりしませんか。
そんな時に業者の人にビジネスライクに指示通りに梱包と発送をしてもらえたら…。

 

手数料はかかりますが、信頼のおける転送業者に頼んでみませんか〜?

 

⬇️

御用聞キ屋


 
ぶちゅーぶちゅーぶちゅーぶちゅーぶちゅーぶちゅーぶちゅー

ランキングのコーナー

 

実はもっと前に紹介する予定だったのですが、そのタイミングで保険代が400円ほどプラスになったのでアップを保留していた記事です…。

 

EMSでなんの問題もなく送れる海外在住の人を羨んだ人生やった…。


何故か著書があるます。。。
なんでやねん! にがおえ師っ/佐藤 恵美
 
¥1,365
 

照れ勝手に応援している子供服屋さんです。ピンク好きの次女がこのオレンジを欲しがっている…。



更新情報や日常の写真をお届け↓

読者登録してね お手伝いにきてね♪

 次女も頑張ってるニヤリニヤリニヤリニヤリ