先月の今頃、10月初旬の私は訪れたい国の領事館のビザ担当者と連絡が取れず、不明点の多いビザ申請書をどうにか埋め尽くそうとやっきになっていた。

 

タイ在住の数人の皆様、

その折には、しょうもないお願いと質問を送りつけまして失礼いたしました。お願い

川 ̄_ゝ ̄)ノ 相談相手になって頂いたお陰で、ブチギレせずに過ごすことができました。

 

最難関だったのは、長期滞在ビザの申請書と追加書類に現地に在住する人の情報を挿入するよう欄が作られて、

丸レッド Local guarantor

丸レッド Local contact

とあるんだけど、どうゆう役柄ななのか、必須項目なのかもわからんけど、氏名、タイの住所、電話、メールアドレスの項目がある。

 

なので、領事館に質問しようとメールして電話してたんだけど、担当と話ができず、むこうのinboxはいっぱいなのかメッセージも残せず、メールには返事が返ってこないし、どないしたもんかな。としばらく腐っておりました。もやもや もやもや

 

ビザ業者と言うのは、使ったことないけど、今回ちらっと見たらUSD$800+ とか取るところもあるみたい。でも、それに依頼頼しても実際に書類を揃えるのは自分なんだから、書類を合わせて揃えて、その上に2,3枚の文面タイプしてコピーして送付するぐらいのことなら、自分でやってその出費は抑えられる、と思ったけど。

 

これはひょっとして、

ごっついチャレンジだったのか。あせる

 

 

いろいろ質問して回ったお陰で、ビザは各国に対して規定が違うこと、行政地区によって必須項目も変わることを再確認した。

 

肝心の入記項目の意味不明なところは検索しまくり、expat forumなど質問範囲を広げて返答ももらったけど、行政の書類は提出先に再確認してもらうのが一番だし。

 

 

30年前にアメリカに来たかった時にも、VISAなる名前は可愛いけれど、手強い面倒くさそうなやつと格闘したんだよなあ、と回想して、最近こうゆうややこしいことやってないから面倒に思うけど、やり続けるだけ!と、毎朝電話をかけてみた。

 

そうしている間に10月下旬、領事館のビザ担当者の電話番号であっさりと人間が出てきて返答してくれたビックリマークビックリマーク 10月中に電話に応答してもらえなかったのはタイ国王 崩御で忙しかったからなのかな。

 

 

右差し LA領事館へのアメリカ人用ビザ申請書の不明点:

ダイヤグリーン Local guarantor

は自己負担でくるなら、空白で良いと確認。

ダイヤグリーン Local contact

は現地に知っている人が居なければ、空白で良いと確認。

ダイヤグリーン copy of flight tickets

は航空券発行前なら、航空便の記載されたitinerary 旅程の写しで良いと確認。

ダイヤグリーン notarization for submitted documents

は書類の出処を簡単な宣誓書にしてNotaryに判子押して貰うと良いと確認。

 

そして、提出した申請書に不備・質問があれば、電話かメールしてくれること、現在の手続き所要時間は2週間なこと、とさっぱり解明していただいた。

 

白黒ハッキリしていただいたら、なあんだ、空白でいいんならそう示しておけよ、と思いませんか?こんなところはビザ業者なら軽くスルーしてたんでしょうね。

 

オンラインのフォーラムでは、アメリカ人のビザ所得に関してはカリフォルニア、ロスの領事館が一番親切で確実らしいとの評判です。

 

ワシントンDCの領事館のほうが必要書類のコピーは合計3部で良いところ、LAの領事館はすべて4部請求してるんで、最初は環境に優しいワシントンDCに提出するつもりだったけど、よくよくウェブサイトを見てみると、受付する州管轄が決まってて、CA州住人の私はLAの領事館にしか出せないらしい。てへぺろ

 

で、実際にお話した担当の方は気さくで、規定も軽やかな、しかし、ウェブサイトにはそれが反映されていない、という問題は訂正されてないので、キスマークウェブマスターさん、アップデート頑張ってね。

 

初めて個人で申請をした結果、私が使用する必要のない欄の説明を頂くために数週間かかったお粗末さですが、書類は signed, sealed and delivered で、今回の私の申請書に不備がなければ、私のパスポートにVISAを貼り付けて送り返してくれ、私はそれを持って今月月末に飛び立つことになります。流れ星

 

まだ実感わかないけど。

 

 

どんなスキンケアしてる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 

年間の湿度45-65%しかないベイエリアから、

75-85%の東南アジアに行くと、お肌が大喜びすると思いません?

現在使っているローションは乾燥を防ぐタイプなので、あちらでの生活には向かないかも。

 

虫刺されが心配だけど、自分の肌がカサカサしないことが嬉しいなあ。

サンドレスにサンダルって気軽な服装にもなりたいし。長期滞在となってあれもこれも持ってゆきたいので、お肌関係は向こうについてから対応するということにして、他の荷物の心配します。たくさん持ってゆきそうな気配です。。!?

 
 
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング にほんブログ村
どくしゃになってね…
 
 
AD

コメント(2)