僕と世界一周 | 2PIECES! LCCで地球をさすらおう -世界一周ブログ-
2013年01月04日(金) 13時00分21秒

僕と世界一周

テーマ:費用・感想など旅のまとめ的な
 
あけましておめでとうございます。ツンです。
 
 
先日(というか昨年)、マリエが書いてくれましたが
このたび、無事に世界一周旅行から日本に戻りました。
家族、友人、旅先で出会ったみなさん、情報をくれたみんな、本当に感謝しています。
 
 
 
 
いやしかし、ブログの更新をしないうちに年が明けてしまいましたね。
もう2013年だってさ。すげえ。
  
 
僕の書く、最後のブログは
『僕は小さくてせせこましい人間です』という話です。
 
新年早々こんな内容ですんませんね。
 
 
 
★ 
 
 
 
さて、ブログの中で『世界一周』って言葉をさんざん書いてきましたが、
『世界一周』ってスゴくないですか?
 
なんか凄くデカい言葉で、
なんというか、とてつもないような途方もないような。
 
 
 
 
そういう響きに魅せられて、
世界一周にチャレンジする人が多いのだと思います。僕らも旅行中にたくさん会いました。 
 
 
 
 
それでね、世界一周、もしくは長期旅行でも良いんですけど、
そういうことをしてる人は いろいろ、一般的でない。平たく言えばフツウじゃない。
 
すごく元気だったり 変人だったり 思い煩っていたり
学生だったり 資格を持っていたり 前職が特殊だったり 
 
 
 
 
たとえばマリエ氏は、
『外国への留学経験があり、英語も堪能で、海外旅行が大好き。
これまでに努力をして挫折をして積み重ねているから、自分に自信がある。』
おお、スゴイねマリエ氏。 
  
 
そう、長期旅行者には いろいろなタイプがいると思うのですが
『自分に自信がある』という人が多いのではないでしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方で僕は、自信のない人間でした。
 
 
中学校は成績優秀だったけれど、高校生活はコケて、
大学はまあそこそこというか普通のところに合格。
 
アルバイトをしながら、だらんとした大学生活をして
就職活動もいいかげんで、最後の方になって、なんとか決まって。
 
仕事は忙しかったけれど、たまに大きく休みがもらえるから、
お酒を飲んだりマンガを読んだりして過ごして、それでバランスを取る。
 
 
心の底から楽しかった
死ぬほど努力した
苦しすぎる挫折だった
悩みぬいて決断した 
 
 
そういう経験がない。
ゆえに自信がない、誇れることもない。 
 
  
 
 
 

そんな僕は、世界一周というデカい響きに魅せられ、
『世界一周をしたら自分の中で何かが起こるんじゃないか』
なんて、期待していたのでした。 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・まあ、結局 何も起こりませんでしたけどね。
 
そりゃあ、30年弱付き合った自分というものは
1年そこらの経験では そんなに大きく変わりませんよ。
 
 
 
僕らは世界の色々な場所に訪れ、自分で見て感じて、
これは聞いていたとおりだと確認したり、これは知らなかったと発見しただけです。
 
観光は自分の変化に直結するものではないですからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
でもね、新しい自分を発見することも、自分の中での変化もありませんでしたが、
自分を確認することができました。
 
 
旅行の準備をするとき、次のルートを決めるとき
宿で交渉するとき、現地の人と話すとき
 
 
学歴とか経歴とか職業とか、『こうあるべきだ』という しがらみが無い生活だったので、
おもいきり、自分と向き合うことができました。
 
 
 
 
そうして確認した自分は 『小さくてせせこましい人間』だったのです。
 
 
エネルギッシュに自分をぶつけたり、センスのままに自分を表現したり、
そういうことはできなくて、
 
小さいことに気を配って、自分ができる範囲で最善を尽くす、人を気にする、
無理はしない、チャレンジしない、外的要因のせいにする、いいわけが多い、
そういう人間。おお、残念だねツン氏!
 
 
 
 
 
たとえば、ブログを書く人にも いろいろなタイプがいると思うのです。
 
思ったことを そのまま吐露する人。
スラスラと1日に何本も書き上げる人。
 
 
僕もブログを書いてきましたが、
思ったことをそのままぶつけたことも、スラスラと書き上げたことも、一度もない。
 
ブログを書こうと思ってパソコンの前に座って、
全体の構成を考えて、それから写真を選んで、
文章を箇条書きにして並べ替えて。
 
 
そうしてなんとかブログを書き上げるけれど、そうやってできた文書だから勢いがない。
 
だから読みやすさだけは何とかしようと思って、行間を空けたり漢字や句読点や空白を直す。
 
 
 
 
 
  
僕は結局そういう人間でした。
そしてそれは、長い旅行を通じても変わることのない僕そのものなのです。
 
 
  
なんというか、小さくてせせこましいですが、自分はそういう人間だと、確実に分かったので
すがすがしく自分と付き合っていけそうです。
 
器のでっかい人間だったら良かったのだけれど、それはそれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
こうして自分と向き合えたのは、世界一周に一生懸命だったからだと思います。
一生懸命やる中で、飾らない自分が見えてくる。
 
  
 
 
そして、世界一周に一生懸命になれたのはマリエのおかげです。
 
マリエが明るくて賢くて、好奇心と思い切りがあったから、
イスラエルもイランもアマゾンもアフリカも行くことができたし、
500日を超える海外生活にも耐えることができました。おお、スゴイねマリエ氏。
 
 
あんまりブログ上で感謝をしてもしょうがないので、
今度 もつ鍋とビールと共に感謝をしたいと思います。ありがとう、マリエ。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、そんな せせこましい僕ですが、
そういう人間なので、盗難や大きな病気もなく 無事に帰国できたと思います。
 
盗難とか病気が無いってのは けっこうすごいことなんじゃないか。あれだけ いろいろ周ってさ。
なんて、今では思います。
 
 
生まれて初めて、マリエに支えられて一生懸命取り組んだコト、
それが僕の世界一周旅行です!ありがと!
 
 
 

2piecesさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス