2018-04-16 00:54:54

【更迭される人、抜擢される人】は何が違うのだろうか?

テーマ:教授

{1CC323AD-851F-4ACA-8C3D-2B0701780520}

飲食業では、つねに商品開発をしていますので、没メニューが沢山でます。

それをTV番組で取り上げて、期間数量限定で提供するというタイアップがあります。

このモスバーガーの『とま実バーガー』がそれです。

糖質ダイエット用のハンバーガーとしては良いのですが、

750円というのは(笑)。

大変美味しゅうございました。

 


 

先日も新卒研修を行なった企業様で、いつもオブザーバーとして参加してくださる方がいらっしゃらないので、どうしたのかおうかがいしたところ、今年の組織改編にともなって、営業職のトップになられたというお話を聞きました。

もちろんご自身も私の幹部研修に参加されていますが、それでも毎年新卒研修に参加されるという熱心な方です。

それとは反対に、私の古くからの知人は、組織改編にともない長く在籍した企業を去りました

共に能力の高い方ですが、置かれた場所で花を咲かせるかどうかは、何の違いによるのでしょうか。


各社で組織改編が行われております。

 

この衰退期ですから、失意の中更迭される方も有り、逆に抜擢される方もいらっしゃいます。

何百人も社員のいる企業では、悲喜こもごもです。

 


ある企業の社長さんから、

『弊社の研修をいつも担当してくださり、ありがとうございます。ところで一つお聴きしたいのですが、よろしいでしょうか?』

ちょと嫌な予感がしたのですが、
『なんでしょうか?』

『先生の研修から何人もの幹部が育っていますが、育たなかった社員について、その理由をお聴きしたいのです』

なるほど、育った人材ではなく、育たなかった人材か(笑)
この社長らしい質問だ。

『責任から逃げるようですが、一つには個人の素質があります』

『それは充分に理解しております。それ以外に何があるのかを知りたいんです』

なるほど、文句を言いたい訳ではないようだ。

『全体的な素質は低くても、職業や環境に合った素質が高ければ、驚くような成果を出せる場合があります』

『そんな曖昧な答えではなくて、もっと核心的な部分を教えてもらえないでしょうか』

曖昧ときたか(苦笑)

『組織のトップが自分への忠誠を好む場合、芸者になれる資質を持っているかどうかです』

『それは遠回しに私への諫言ですか』


全然遠回しではないと思うのだが、

『いえ、そういう訳ではありません。企業はトップしだいということです』

『トップが太鼓持ちを好むと、組織全体が前へならいになると』

『そういうことです』


社長はいったん下を向いた目を上げて、
『では逆の場合は、どうなんですか』

そうきたか!

『与えられた仕事をいかに楽しむか、でしょうか』

いぶかしい顔をしながら、

『そもそも楽しい仕事なんてありますか?
仕事っていうのは厳しいものですよ』


『そういう意味ではなく、その厳しい仕事をいかに創意工夫して楽しむか、なんです。楽しむから力が発揮されるということです』

納得がいかないという表情をしているので、

『秀吉が信長の草履を懐に入れて、温めていたお話などがそうです』

社長の好きそうなたとえ話を持ち出したので、

『なるほど、そういうことですか、納得しました』

質問責めに合う前に退席しようとしたのですが、

『では、どうして楽しめる社員と楽しめない社員がいるんですかね~』

だんだんいつものペースにはめられていきます。

『それは事実に対する解釈の違いですね』

『何ですかそれは?』

『世界は自分の解釈でできている、ということです』

『もっと分かりやすく話してもらえませんか?』

『起きている事象は同じでも、その事象に対する解釈が違うと言えば分かりやすいですか』

『まあ、当然なことですな』


よかった、今日はこれで帰れる。

と思った瞬間、

『先生、何で人によって解釈が変わるんですか?』

『それは、それぞれが持つプログラムが違うからです』

『何ですか、そのプログラムとは?』

『生きて来た中で得た、物事への一般化された知識、
スキーマと呼ばれるものです』

※スキーマ
認知心理学において用いられる言葉で、人間の認知過程を説明する際に用いられる概念の1つです。


『よく分かりませんな』

『つまり、丸くて赤いりんごは甘いと過去の経験から認識している知識ですね』

『ようは知識ということですな』


かなり大雑把ですが、

『早い話が、そういうことです』

『つまり、丸くて赤くて酸っぱいりんごを食べたたら、りんごは嫌いになるということですよね』


いやいや、

『いえ、違います。

例えば、タイヤが4つ付いていて、人が出入りする扉があり、中にはハンドルや座席があり、一部ガラス張りで中が見える鉄の塊というと、多くの人は「自動車かな」ということが頭に浮かび、少なくとも電車や馬車とは違うものだろうということが分かると思います。

これがスキーマです』


『なるほど、思考のショートカットみたいなものですな』

この社長、頭がいいのか、性格が悪いのか(笑)

『その通りですね』

社長はこちらをじっと見て、

『それならば、都合の悪いスキーマを書き換えてしまえば、ポンコツも使えるようになるということですよね』

やはり性格に問題ありか。

『たしかにそうですが、長い年月でつちかってきたものを、そんな簡単には変えられないですよ』

『そうですか、私なんて直ぐに書き換えられますがね?』


ははは・・・


だから駄目なんだと思うんですが(笑)




このように人間は自分を一番認知できません

なぜならば、自分は他人になれないからです。

つまりこれは、他人から見た自分が、自己認知(自覚)とズレていることに気づけないということであり、『裸の王様』になる危険を意味します。


自己認知能力の低い方は、自分ではなく、他人に問題があると認識するため、自分を変えようとせず、生涯同じ間違いを繰り返す可能性があります。

頭の良い人は、この自己認知能力が高いことは言うまでもありません。

なぜならば、自分を進化させる能力を持っていることと同じだからです。

幹部研修で何を教えているのか聞かれますが、一般的な知識など自分で勉強すべきもので、大切なのは自分ならではの個性を通じて成果を出すことです。

 

誰でもが真似できることを学んでも、その人の財産にはならないばかりか、成果をだすことができません。

 

時間はかかりますが、他者が簡単に真似できない知識と技術と経験を得ることができれば、職種に関係なく成果を出せるようになります。

 

目先の利益を追う者は更迭され、利益を積み上げていく者が抜擢されるのです。



★*・゜゜・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゜・*★
☆~セミナーのご案内~☆
2018年度 ~受付中の無料セミナー~

◆2018年度 『遊技組合セミナーのテーマ』
【規則改正だからこそ、効果を出せる仕組みがある】
《射幸性が下がるからこそ》
・遊技機を活かす仕組みが必要
・離反しなくなる仕組みが必要
・負けても再来店する仕組みが必要
https://ameblo.jp/2ndsales/entry-12333561945.html

◆2018年度 『新卒者研修の内容について』
【離職率が激減し、現場の仕事に前向きになる】
https://ameblo.jp/2ndsales/entry-12333561263.html

◆有料社内研修(心理マーケティング)
現在は、2019年度の研修を受け付けております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
パチンコ店長1,360名が登録完了!
ビルズ龍馬の無料集客メルマガ
「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!
http://ameblo.jp/dragondx/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

(株)第二営業部 教授さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。