MACの乗り物百科

MACの乗り物百科

子供の頃男の子はみんな乗り物の運転手に憧れました、そんな気持ちを大人になっても持ち続けています

たっぷり半日JRF楽しんできました。お天気は不安定、かつ逆光のロケーションでPCでの後の補正が効きやすいフルサイズで撮り鉄では久しぶりに撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日撮ったレッドサンダーは時刻が予測できたので楽しめれました。

 

 

 

大当たり!!

 

 

 

 

 

運輸会社専用貨車は整って入れうれしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)で製造された相模鉄道の新型車両「20000系」、先月に続き甲種回送。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。

 

 

 

 

 

 

 

この辺りは架線を支える柱が片側のみで午後の時間帯は西日を浴びて鮮やかに撮れる、ただ金網の目が細かいのでコンデジで撮影。美濃赤坂行きの下りの車両には覆いが無い車両がありました。当然荷物は降ろして帰路ですから初めて跨線橋から見下ろしました。

 

 

陸田で東海道線を跨ぐコースです、この跨ぐ路線は清須にもありますね。

 

 

 

 

上り車両はすべて覆われています。

 

 

 

尾張地方ではJRはおおむね南北に走る、午前中は逆光・午後はかろうじて斜めに光が当たる。

そんな中でJRFの下り線を狙ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日を浴びています。

 

 

緩やかにカーブしつつ下る最高のロケーション。残念ながら上り車線です。

 

 

 

上り車線です。

 

 

 

夕日を受けて赤い車両がより赤みを帯びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時から16時半までのゴールデンタイムにGO TO JRFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドサンダーの運用時刻が掴めてちょっとうれしい。

 

 

 

 

おまけ、のろのろ走行でした。

 

 

翌日はフルサイズのカメラで場所を変え撮影。日が傾くとやはりフルサイズの一眼レフの出番ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独特の面構えは良いですねEF66-27、機関区内の場合の赤色ランプは片方のみ点灯。

 

 

レッド機がすれ違い。

 

 

 

日を変え場所を変えカメラ・レンズを変えればGO TO JRFも楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

存分に自衛隊機楽しめました。