今回は成田の名古屋という場所に鎮座する、鎌倉時代末期に後醍醐天皇の代わりに鎌倉幕府倒幕の挙兵をしたが捕らえられ、この場所に流刑となって没した藤原師賢を御祭神とする神社、小御門神社(こみかどじんじゃ)です
 
 
小御門神社は1882年に藤原師賢(花山院師賢)の墓所に社殿を造営したのが始まりで、すぐに別格官幣社に列格、現在も別表神社に指定されている神社です
 
創建のきっかけは明治の王政復古の際、同じ武家社会の幕府から天皇中心の政治に戻す動きの鎌倉幕府倒幕で朝廷に尽くした人を祀る運動で、成田の住民から藤原師賢を祀る神社の創建が求められた事によります
 
 
御祭神の藤原師賢は鎌倉後期の公卿・大納言で、後醍醐天皇の側近として倒幕運動にも参加していた人物で、歌人としても知られています
 
西暦1331年の元弘の乱で後醍醐天皇が京から逃れる際に天皇の身替りで比叡山へ向かい、延暦寺の衆徒と共に幕府軍と戦って撃退しました
 
その後に後醍醐天皇と合流して幕府軍と戦うも敗北、捕縛されて出家させられ、流刑として京都から下総国(千葉)千葉貞胤の元で拘束されますが、その後すぐに病にて没しました
 
後醍醐天皇は建武新政を敷いた際にこの師賢に太政大臣の位を贈っています
 
 
そんな藤原師賢を祀る神社が「小御門神社」という社号になったのは、天皇の身替りとして天皇に成りすまして幕府軍を引きつけたところから来ているとされています
 
また、後醍醐天皇の建武新政のために尽くした南朝側の皇族・武将を祀る建武中興15社のうちの1社ともなっており、明治維新を達成した明治天皇にとって意義深い神社として今も大切にされています
 
 
 
⚫︎社号表
 
⚫︎鳥居
 
⚫︎狛犬
 
 
⚫︎社殿
 
 
⚫︎本殿
 
 
それでは御朱印です
 

◇こちらは御朱印帳ございます

 
 
◆小御門神社ホームページ◆
http://komikado.or.jp/





《建武中興十五社》


今までお伺いした社寺は下のリンクからどうぞ
 
 
 
 
ブログランキングやってます!

神社・仏閣ランキング
 
よかったらクリックお願いしますm(_ _)m