妊娠35週0日の日記、食べた物 | 36歳の妊婦日記

36歳の妊婦日記

結婚して4年が過ぎ、もう妊娠しないんだと思っていたら、36歳で妊娠しました。
36歳の妊婦が出産するまでの日記です。

体調のよさ: ★★★☆☆

 

体重は54.1kgでほんの少し減ってました。

 

朝、ちゃんと普通の便がでました。

 

薬の副作用で、入院後、一番つらい動悸を感じました。

 

 

チューリップ赤朝ごはんチューリップ赤

・卵焼き

・野菜のお味噌汁

・ひじき

・ご飯

・ヨーグルトとグラノーラ

・ぶどう

・モロヘイヤ

 

 

チューリップ赤お昼ごはんチューリップ赤

・ごぼうとにんじんのきんぴら

・きゅうりとわかめの酢の物

・卵と野菜

・赤魚の揚げ物と大根おろし

 

 

チューリップ赤おやつチューリップ赤

・ぶどう

 

チューリップ赤晩ごはんチューリップ赤

・ほうれん草と油揚げの和え物

・豚肉ともやし

・ミモザサラダ

・大根の漬物

・ご飯

 

 

 

朝ごはんのひじきの量にはびっくりでした。

 

ひじきは妊婦が控える食材なのでは?と思いました。

 

お腹の赤ちゃんによくなさそうなので、数口食べて、ほとんど残しました。

 

 

晩ごはんのお肉は小さすぎて、全然お腹がいっぱいになりませんでした。

 

しかも2つのうちの1つは脂身ばっかりだったので、残しました。

 

 

退院が決まったので、当分、入院食とはさよならできます。

 

入院中、つらかったのは、食事と早い消灯時間とNSTの結果に対する恐怖でした。

 

食事は追加で持ってきてもらったりしていたので、そこまでつらくはなかったですが。。。

 

長い夜が一番つらかったかなと思います。

 

でも、両親の言い争いを聞くことなく、1人でゆっくりできてよかったかなと思いました。

 

ただ、新しく入院した人のいびきがひどかったので、退院できることになって本当によかったです。