妊娠30週5日の日記、食べた物 | 36歳の妊婦日記

36歳の妊婦日記

結婚して4年が過ぎ、もう妊娠しないんだと思っていたら、36歳で妊娠しました。
36歳の妊婦が出産するまでの日記です。

体調のよさ: ★★★★☆

 

体重は朝も夜も測り忘れました。

 

体調はいい方でした。

 

 

チューリップ赤朝ごはんチューリップ赤

・食パン

・メロン

 

 

チューリップ赤お昼ごはんチューリップ赤

・牛丼

・高野豆腐

 

 

チューリップ赤おやつチューリップ赤

・牛乳のアイスクリーム

 

チューリップ赤晩ごはんチューリップ赤

・なす、いんげん、えのき、豚肉の炒め物

・レタスとアスパラのサラダ

・きんぴら

・小松菜、大根、しいたけ、わかめのお味噌汁

・そうめん

 

 

前の日の午後、久しぶりにデカフェではない、普通のカフェラテを飲みました。

 

コーヒー専門店のカフェラテで、とてもおいしかったのです。

 

でも、そのカフェラテのせいで、何度もトイレに起きることになり、よく寝れませんでした。

 

もう普通の濃い、カフェラテを飲むのはやめようと思いました。

 

 

わが家には、寝室が2つあり、どちらとも壁一面、クローゼットがあります。

 

両方、合わせると、全部で6つに分かれています。

 

2つ分︰ 私の服とバッグ

1つ分︰ 夫の服とバッグ

1つ分︰ 本と書類

1つ分︰ ふとん、テーブル、スーツケース

1つ分︰ その他の普段使わない物

 

という感じでした。

 

それぞれのクローゼットには仕切りが2つあります。

 

下から上まで全部物が入っていないクローゼットもありました。

 

なので、物をそんなに捨てなくてもちゃんと整理すればクローゼット1つ分くらい空けられたかもしれません。

 

でも、里帰り出産前に、いらない物を捨てることにしました。

 

 

まず、私の服を整理したくて、うずうずしていました。

 

昔は服を買うのも、いろいろな服を着るのも好きでした。

 

でも、結婚してから、特に近所で働き始めてから、あまり着飾ることに興味がなくなりました。

 

近所じゃなく外出する時はちゃんとして出かけますが、昔みたいな量の服はいらないなと思っていました。

 

あと、子育てには向かなそうな服や明らかに流行りから外れていて着れなかったり、昔はときめいていた服にときめかなかったり。。。

 

そんな服をとりあえずゴミ袋に入れていきました。

 

夫との思い出がある服もありましたが、何年も着ていないので、思いきって捨てることにしました。

 

そうしたら、最終的にゴミ袋2つ分捨てることになりました。

 

クローゼット2つ分、占拠していたのが、ほぼ1つ分になりました。

 

コートだけは入りらなかったので、他の余裕のあるクローゼットに入れました。

 

私の服を捨てるだけで、クローゼット1つ分空けることができたので、そこは赤ちゃん用に使うことにしました。