妊娠29週2日の日記、食べた物 | 36歳の妊婦日記

36歳の妊婦日記

結婚して4年が過ぎ、もう妊娠しないんだと思っていたら、36歳で妊娠しました。
36歳の妊婦が出産するまでの日記です。

体調のよさ: ★★★☆☆

 

朝の体重は52.7kgで、夜の体重は測り忘れました。

 

暑さのせいもあったかもしれませんが、めまいと吐き気がひどかったです。

 

むくみは相変わらずで、夜、お腹のはりを感じました。

 

 

チューリップ赤朝ごはんチューリップ赤

・グラノーラとヨーグルト

・グレープフルーツ

 

チューリップ赤お昼ごはんチューリップ赤

・スープ

・フォカッチャ

・ラザニア

・ピーチティー

 

チューリップ赤おやつチューリップ赤

・アイスのカフェラテ

 

チューリップ赤晩ごはんチューリップ赤

・餃子

・マカロニサラダ

・たまご焼き

・にんじん、なす、ねぎ、えのきのお味噌汁

 

 

 

夫とレッドペッパーにラザニアを食べに行く予定にしていました。

 

その前に寄りたいお店があり、お店に着くまで、長めに歩くことになりました。

 

我が家からそのお店の駅に行くには何通りかあり、お店は通り道だし、事前に夫に伝えておかなきゃという考えはありませんでした。

 

基本的にいつも出かける時は、私がルートを決めているので。。。

 

暑い中歩くのが嫌だったのか、夫が不機嫌でした。

 

不機嫌なのを指摘したら、

 

「他のお店による必要あった?

ランチに来たんだから、1番歩くのが少ないルートにすればいいじゃん。

頭おかしいんじゃないの。」

 

と言われました。

 

頭おかしいと言う言葉にとても頭にきたし、

 

妊娠してる私の方が暑くて歩くのしんどくて、夫は健康体なんだから、10分くらい歩いたっていいじゃん!

 

いつも私には体のために歩けって言うくせに!

 

と思いました。

 

それからは夫と口をきくのも嫌になりました。

 

里帰り出産まで残り少ない、2人での外食だったのに、気分は最悪でした。

 

夫もラザニアを食べてみたいと言ったから来たのに、夫は1番高いハンバーグのランチを注文しました。

 

今日、晩ごはんはハンバーグにしようと思ってたのに。。。

 

結局、私はラザニアを注文しました。

 

料理が来た後も、夫と話はしていませんでした。

 

でも、ラザニアの方はあまり野菜がなかったので、夫の料理をもらうために、しょうがなく、「頭がおかしい」と言われてとても嫌な思いをしたことを伝えました。

 

そうしたら、「事前に、他のお店にも寄って、どれくらい歩くのかを伝えておいてほしかった。」と言われました。

 

その後は普通に話しました。

 

 

ランチの後は、スタバに行って、カフェラテを飲みました。

 

その後、夫は美容院に行き、私は母親教室に行きました。

 

今までで1番参加人数の少ない母親教室でした。

 

これで自治体で開催している母親教室は全部参加し終わりました。