こんにちは
みやこです



前回に引き続き

夫の浮気が発覚する前の私は

夫に対してどんな態度だったのかな。

と振り返ってみました。




前編はこちら👇
義姉&義弟夫婦が遊びに来ると
リビングのテーブルで
ご夫婦揃って座りますが
夫の横はいつも毒姑。




そして私は
夫から離れたお誕生日席(テーブルの端)に
簡易的な椅子を用意しますが
食事以外は
ほとんど座る事なく
キッチンへ!!



【長男の嫁だから】と言われたら
返す言葉もありませんが
私も長男の嫁として
当たり前と思って
動きはしますが
夫の横はいつも毒姑…。
つねに疎外感を感じていました。



なので
いつの間にか
義姉&義弟夫婦が
来る事が苦痛になってしまいました。




時には
お茶の用意だけに呼ばれて
その後は
「もう二階へ行っていいよ」
と言われることも多々ありました。




義姉&義弟夫婦と一緒に
外食に行っても
相変わらず
夫の横には毒姑。




外に食事に行っているのだから
私が動く事は
何もないのに
やっぱり夫の横には毒姑。




こんな毎日なので
毒姑と夫と私の3人でいる時は
私は自然と無口になってしまった…。




だって毒姑は
わたしが話に加われない内容の話を
敢えて夫としているから
私は入る余地もなかった。



そんな時
夫はどう感じていたのか?
分かりませんが
少なくても気分は良くなかったと思います。



毒姑と夫。
そしておまけの様に存在している私。 




おまけ??
それとも
ただで使える家政婦??




こんな状態なら
いっそ夫に
【外に女でも作ってもらった方が
ましだわ】って本気で思ってしまった時期もありました。




だって
男性にとって
母親は永遠のマドンナ。
特別な存在だから
私がどう頑張っても
毒姑と一緒に住んでいる限り
夫にとっても
私は二の次??
と勝手に被害者意識を持ってしまっていたから。




こんな事思ってしまったから
それが現実のものとなり
本当に夫が浮気をしてしまったのかもしれないね。




こんな馬鹿な事を
考えている時間があったのなら
【私はあなたと2人で過ごす時間を持ちたい】
と、素直に自分の想いを
伝えられたら良かったね。




無口になったり
不機嫌な顔になってしまったら
逆効果なのだと
あの頃の私に伝えてあげたい。