若き日のブランシュ・モニエ

 

その美貌で1870年代のパリ社交界を魅了したブランシュ・モニエという女性がいた。裕福で尊敬される保守的なブルジョワ家庭に生まれた貴族でもあるブランシュは、多くの求婚者を惹きつけたが、彼女の心を射止めたのは、とある年上の弁護士であった。2人は結婚を約束し合うまでの仲になっていたが、ブランシュの母親のルイーズは貧乏弁護士と娘が交際するのをよく思わず、別れさせようと躍起になっていたという。

 

そうしたなか、25歳になったブランシュが失踪する事件が起きた。それまで多くのパーティーに出席していた上流社会の美しい花である彼女が突然姿を見せなくなったことに人々は戸惑ったが、しばらくして母親のルイーズと弟のマルセルはブランシュが亡くなってしまったと発表した。この訃報に特に弁護士の婚約者である男性は悲しみに暮れ、そのままブランシュの姿を目にすることなく1885年に失意のなか亡くなってしまった。

 

時が経つに連れ、社交界もブランシュの存在を忘れていったが、ブランシュの失踪から25年後の1901年、パリ司法長官に「司法長官殿:大変重大な事件が発生していることを知らせいたします。高齢の未婚女性がモニエ夫人の家に監禁されています。過去25年間、彼女は半ば飢え死にしそうな状態で、腐敗したゴミの上、つまり彼女自身の排泄物のなかで暮らしています」と衝撃的な事件を告発する匿名の手紙が届いた。

 

俄かに信じがたい話であったが、警察はこれを真剣に受け止め、モニエ邸に向かった。事前に電話した際には誰も出なかったが、屋内に人の気配があったため、警察官は強引に屋内に入った。なかには母ルイーズが落ち着いた様子でリビングルームに座っていたが、警察官とは口を利こうとしなかった。家中を捜索しても手紙にあったような人物は見つからなかったが、屋根裏部屋が残されていることに1人の警察官が気づいた。

 

その時のことを当時の警察官は「私たちは、すぐに開口部の窓を開けるよう命令しましたが、これが大変でした。入り口にかけられた古くて暗いカーテンからは、シャワーのように大量の埃が落ち、シャッターを開ける際には蝶番から取り外さなければならなかったのです」と振り返っている。その屋根裏部屋には、しばらく誰も立ち入っていないことが察せられた。だが、シャッターの向こうには恐怖のホラー映画のような現実が待ち構えていた。

 

まず警察官たちを襲ったのは人間の糞尿が混じった強烈な腐敗臭だった。そこは人間の排泄物、腐った食べ物、ゴミ、無数のゴキブリがごちゃ混ぜになったような状態だった。そして、警察官たちが部屋の奥見ると、腐った藁のマットレスの上に、痩せて衰弱した女性が横たわっていた。彼らは初め、この人物が死んでいると思ったが、近づくと彼女は震え、息を呑み、悪夢から出てきた悪鬼のような視線を彼らに向けると、汚い毛布の下に隠れた。

 

救出後のブランシュ

 

この人物は、かつてその美貌で社交界を魅了したブランシュ・モニエだったのである。ブランシュを発見した警察官はその時の様子を「その不幸な女性は腐った藁のマットレスに全裸で横たわっていました。その周りには排泄物、肉、野菜、魚、腐ったパンが積み重なり分厚い皮のようになっており、マットレスの上を走り回る虫もみました。部屋から発せられる臭いで、息もできないほどで、それ以上捜索を続行することは不可能でした」と語っている。

 

この時、ブランシュは50歳、やせ細り骨と皮になった体は体重がわずか25kgほどしかなかったという。その場で母親のルイーズと弟のマルセルは逮捕され、恐ろしくも大衆の興味をそそる話が明るみに出た。25年前、ルイーズはブランシュが婚約者と別れることに全力を挙げたが、全て失敗し、最終的に屋根裏部屋に娘を閉じ込めるという非常手段をとったという。監禁中、ブランシュには食べ物の切れ端だけが与えられ、一歩も外に出さなかったそうだ。

 

事件発覚後、母親のルイーズは裁判にかけられる前に、自宅前に押し寄せた怒り狂う群衆を見た15日後に急死した。弟のマルセルは精神障害と鑑定され、無罪となった。その間にブランシュは肉体的な健康を取り戻したが、精神状態は回復しなかった。監禁中に統合失調症、コプロフィリア(糞便愛好症)、神経性食欲不振、認知能力の低下により、精神異常者と見なされ、1913年に亡くなるまで精神障害者施設で残りの日々を過ごした。

 

【参照: Mysterious Universe】