雪、すごいですね。

 

みなさんのところは大丈夫ですか?

 

 

金曜、私は勤務日で雪をかきわけバス停まで行ったのですが、バスが来ない…

 

降りしきる雪の中、歩こうか、待とうか、どうしようかと逡巡しながらバスを待つこと1時間半…やっとバスに乗れました。

 

↑バスを待ってる間に撮った

 

そこからちょっとした渋滞に巻き込まれ、会社には1時間半の遅刻→出社してすぐ昼休み^^;

 

 

昼休みに上越在住の義母からLINEが。

 

向こうは40センチほどの積雪で、新潟市中央区の方が降っているとTVで見て心配してくれたそう。

 

「娘の学校も給食の配送が送れ、自習からの早め放下となり、夫も出勤にかなりてこずったようで」と報告。

 

 

退勤後、始発だから大丈夫だろうと思いバス停に向うも、またしてもバスが来ない!

 

いつもとは違う便に乗り、いつもより歩いて帰ろうと思ったらものすごい渋滞で、普段なら乗車時間十分のところ、1時間以上バスに乗ったままでした。

 

ツルツルの道で何度か転びそうになりながら歩いて帰宅し、義母にLINEした後、夫の駐車場スペース確保のため、家の前の雪かきに行きました。

 

我が家は車庫でも屋根付きでもない平面駐車場なので、雪がこんもり…

 

ぎっくり腰の再発に怯えつつ、昨夜に続き雪かきし始めると、無心になってやってしまうんですよね^^;

 

一時間近く雪かきして家に入ると娘に託していた義母とのLINEのやりとりにはっとさせられました。

 

 

「ママ頑張ってるね。往復の通勤も大変だったのにね。偉いね、ママ。」

 

 

義母からの言葉に、そっか、私、頑張った、と気づかされたのです^^;

 

自覚なく頑張る教の恐ろしさ…

 

いや、みんな普通にしてることかもしれない、よ。

 

ただ、そこに自覚があるかどうかで。

 

 

頑張ってるなぁ、自分♡って思うこともなく、

 

これが当たり前、できて当たり前、私がやるしかない、と思うまでもなく、

 

もう体が動いちゃってるんですよね、自分を無理させる、自分に負荷をかける、という形で。

 

 

腰痛いし疲れているし、雪かきもご飯づくりもなーんにもしないでコタツで横になっていたい、

 

それが私の気持ちなのに、そこをスルーして、雪かきして洗い物してご飯作らなきゃって動けない自分責めて…みたいな^^;

 

今回はそこまで追い込んでいないけれど、普段、自分が頑張っていることに無自覚なまま、自分を我慢させたり無理させたりしていることがまだまだ埋まっていそうだな、と思いました。

 

 

そもそもバス停で待つとか、歩いてでも職場に行こう、とか、日本人的発想なのかなんなのか?!

 

さらっと休んだ人もいれば、意地か?責任感か?長時間歩いてでもやってきた人もいたし。

 

どうするかは自分で選んで決めて行動していいんだよね。

 

そこに人の目や会社の目を自分で意識して妄想しちゃうから判断が鈍くなっちゃうわけで…

 

 

 

さて、今日も雪かきしますか←結局動くのが好きなんだよね^^;

 

明日からまたお勤め、天候落ち着くといいですよね。

 

みなさん、心身ともにご安全に☆

 

 

 

 

AD

コメント(4)