職場では中堅の上本 祐哉(うえもと ゆうや)33歳

恋人の瀬名 瑞歩(せな みずほ)29歳は隣の部署で働いている

付き合って3年 そろそろ結婚の話も出始めている

 

瑞歩は社交的で 明るい性格 職場では後輩の面倒見も良くて誰からも好かれている

最近は祐哉と会うたびに結婚の話をちらつかせている

結婚したら退職したいと考えている

祐哉の口から結婚の話はまだ出たことが無い

 

瑞歩はしっかり者で祐哉のアパートに行くといつも洗濯 掃除 食事の買い出しまで

ほとんど一人でやっている 祐哉は仕事が忙しいので家事全般をやってくれている

瑞歩には感謝している 感謝しているけど 

祐哉にはそれが最近当たり前のように感じて来ている

 

瑞歩と祐哉は仕事がきっかけで知り合った

アプローチしてきたのは瑞歩からだった 祐哉に一目惚れだった

 

好きです とストレートに言われた祐哉は最初 そんな感情が湧いてこなかったけど

何回か食事を重ねていくうちに だんだん瑞歩の事が好きになってきた

 

瑞歩と結婚したら 幸せな結婚生活になるんだろうなと思っていた

 

そんな事を思いながら既に3年が経っていた

 

そんな時に祐哉のグループに新人が配属された

青葉 奈菜 (あおば なな)24歳

色が白くて 真面目な性格 ちょっと人見知りで 初対面の人と気軽に話が出来ない

本人はそれがコンプレックスで明るい性格になりたいと思っている

 

瑞歩とはまったく正反対の性格だった

 

新人の奈菜はしばらく祐哉から仕事を教わっている

毎日1時間は会議室にこもって研修をしている

仕事熱心で教わった内容はノートに綺麗に書いている

 

配属されて一ヶ月

息抜きも必要だから新人歓迎会も兼ねてみんなで飲みに行こうと

男女5人で飲み会を開催した

 

最初のうちは心の内をあけてこない奈菜だったけど

飲み会ではいろいろ自分の事を話してきて みんなとも打ち解けてきた

学生の頃から吹奏楽をやっていて 今でも時々フルートを吹いているらしい

フルートの似合いそうな横顔だった

学生の頃に付き合っていた彼がいたけど就職の前に別れてしまって 今彼は居ない

と言っていた

まったくお酒の飲めない奈菜だけど

オレンジジュースの力を借りて昔の恋バナまで披露してくれた

 

一次会が終わって二次会はカクテルの置いてあるラウンジバーだった

 

隣に座った奈菜が

 

 「仕事の覚えが悪くていつも祐哉さんに迷惑ばかりかけてごめんなさい」

 

 「昔から要領が悪くて早く覚えられないんです」

 

 「最初はだれでもそうだよ でも奈菜ちゃんは仕事の覚えは早いよ」

 

 「真面目だし もう少し頑張れば すぐに一人で仕事が出来るようになるよ」

 

 「自分が新人だった頃に比べたら 奈菜ちゃんの覚えは凄く速いよ」

 

 「まだまだ分からない事がたくさんあるので 祐哉さん教えてくださいね」

 

そんな会話をしていたと思う

 

 

月曜日になってまた奈菜との研修が始まった

それから火曜日 水曜日 木曜 金曜

金曜日の午後に

 

 「今日は祐哉さん仕事が終わったら何か予定入ってますか?」

 

 「会社で聞きづらい事もあるので 外で会えませんか?」

 

いきなりそんな事を聞いてきた

 

 「今日は何も予定は入っていないから大丈夫だよ」

 

多分仕事の事か 人間関係かな

会社で言いにくい事であれば外で会うのも仕方ないかな

 

 

そういえば日曜日は瑞歩の地元に一緒に行く事になっていた

けれど

なぜか気乗りしない自分がいる

 

 

 

 

【UK SMOOTH MELLOW R&B】

Gerry DeVeaux - There Goes My Heart (1995)

Arranged By [Strings] – Robyn Smith
Drum Programming – Tim Bran
Guitar, Backing Vocals – Lenny Kravitz
Other [String Contractor] – Eric Delente