コント番組の企画を提出したが通らず、視聴者にも見てもらえない。そこでニュース番組、報道フォーマットの形式でも下駄を外せばコントになるという社会批評性を意識して番組作りをしている

 

お題となるニュース・テーマのVTRが流れたあとに、出演者が解説・討論していく当番組のメインコーナー。基本的な流れとして、冒頭でお笑い芸人ゲストに因んだお題が提示されるが、「VTRが届いていない」などの言い訳により反故されたり、全く関係のない話題やふざけた話題へと道筋が逸れていったりしていき、芸人ゲストを困惑させる。有田を始め、全力解説員やタレント俳優ゲスト、スタッフらがグルとなって芸人ゲストを窮地に追い込むのがお決まりの流れとなっている。

 

滝沢カレン
「THE 美食遺産」、「THE 絶景遺産」やその他のVTRを担当。
原稿を噛んでしまったり、漢字を誤読したり、意味不明だったり不適切な表現や、VTRに出ている人や物を小馬鹿にした言い草を連発するなど、通常であればNGになるようなナレーションがそのまま放送されている。

 

 

この番組 面白くて見ている

 

毎回芸人が困るようなコメントを求められる

でもこのパターンがずっと続くと飽きられてしまいそうなので 別の路線も期待したい

 

 

 

【DISCO】

Arabesque - Friday night (1978)

1977年にデビューし、1984年頃まで活動した西ドイツの音楽プロジェクト
80年代前期の日本における洋楽の人気の牽引車となり、日本発の人気は韓国・中国語圏などアジアにまで広がった。また、当時のソ連や中南米でも成功を収めたが、一方、本国西ドイツでは「哀愁のマリゴット」(チャート8位)しかヒットしなかった。