薬剤などを搭載した超微細なカプセル(ナノマシン)が体内を駆け巡り、がんやアルツハイマーなどの重大な疾患を、本人も気づかぬうちに早期発見し、その上治療までしくれるという革新的な仕組み

 

実用化すれば、「健康寿命」を延ばす上に、入院不要の日帰り治療を可能にし、薬の使用量も減らして、医療コストを大きく削減することが期待されている。

 

 

     ナノマシン(高分子ミセル)の構造イメージ。真ん中の部分は内包した抗がん剤 

 

 

水に溶けやすい部分と、溶けにくい部分の両方を備えた高分子を水の中に入れると、溶けやすい部分を外側(殻)に、溶けにくい部分を内側(芯)にして丸く凝集します。

この自己組織化によって形成される粒子の内部に、抗がん剤などの薬剤を包み込ませて、注射で身体の中に入れる。

 

 

ナノマシンは体内の隅々に張り巡らされた異常監視・検知システムの役目を果たします。

身体に何か異常が発生したら、直ちに初動対応して診断を下し、内包している薬剤などを患部に放出して治療します。つまり常に私たちの体内をパトロールし、異常を発見すると知らないうちに治療して身体を健康にしてくれるのです。

 

10年後の社会のあるべき姿

国民ががんの不安から解放される (がんの再発・転移を大幅に抑える)
アルツハイマー病が克服される   (脳に薬が自由に届くようにする)
年齢を問わずスポーツが楽しめる (運動・感覚器官の再生技術を確立する)
社会が医療コストの負担から解放される (負担なく正確な予防診断技術を確立する)
病気が国民の精神的・身体的負担にならなくなる (入院不要、日帰り治療を普及する)
医療が日本の基幹産業になる (ベンチャーにより医薬・医療のビジネスモデルを変革する)

 

 

ナノマシンが体内をパトロールして病院の役目を果たしてくれる

自分の免疫のスペシャルサポーター

 

 

DNAを採取して自分専用のナノマシンを調合してもらったら

細胞が修復され 活性化して若返る

もう病気と言う概念が無くなってしまうのもしれない

そんな未来がそこまで来ている

 

 

 

【UK SOUL  PROGRESSIVE】

Lighthouse Family - High (Itaal Shur's Beautiful Urban Edit) (1997)

Backing Vocals – Diosa Garu, Lysa Hickey
Engineer  – Steve Souder
Guitar – Mark Anthony Jones
Mixed By – Earl Cohen, Mike Peden, Phil Bodger
Music By – Baiyewu
Music By, Lyrics By – Tucker
Remix, Producer [Remix], Arranged By, Mixed By, Keyboards, Drum Programming, Bass – Itaal Shur

この曲はオーストラリアでは1位になり、スイス、オーストリア、イギリス、オランダ、ニュージーランド、ヨーロッパでもトップ10に入り "High"はこれまでにLighthouse Familyによってリリースされた最も成功したシングルであり、多くの国でトップ10に達している