受付業務から転職してきた20代の人と一緒に仕事をしたことがあった

 

前の会社では飲み会の参加が強制だったらしく

 

その飲み会でいつも嫌な事があって 

 

さらに 人の好き嫌いも激しくて 辞めたのは その影響もあったと言っていた

 

 

入社した時にパソコンの設定をいろいろ教えた時に

 

職場のみんながいる前で ラインの交換をお願いしますと言われて

 

ちょっと微妙な空気が流れた

 

 

 

ちょっとメルヘンチックな所があって

 

アンパンマンを大人になってからも見ていて それで泣いてしまうらしい

 

自己犠牲と正義の話を熱く語ってくる

 

アンパンマンが痛みをこらえて自分の顔を相手に与える姿を見ると涙がでてくると

 

自分はマンガのストーリーがよく分からないから

 

そうなんだ。。と言ってずっと聞いていたけど

 

 

それと動物に対する愛情も半端ない

 

前の会社で 通勤の時に車にぶつかったカラスだったかな?が道路脇にうずくまって

 

フラフラしているのを見て動物病院に連れて行って 遅刻したことがあると言っていた

 

動物全般が大好きで 動物の話題になるとずっと話し続けて エンドレスになる

 

 

道端にいる猫を追っかけて ずっと走っていく姿を何度か見たことがある

 

それに人の世話も大好き なにか困っている事はないですか

 

仕事手伝いますよと

 

お菓子買って来たので食べてください とそんな事を言ってきたり

 

 

動物に携わる仕事や医療関係の仕事がその人に合っていたと思う

 

 

ただ 神経質な所があって

 

ちょっとした言葉に傷ついたり 落ち込んだり

 

自分をすぐダメ人間だと卑下してくる

 

精神がすごくデリケートな人だった

 

落ち込んだ時は その都度 フォローしてあげたけど

 

 

 

数年しか一緒に仕事しなかったけど

 

良い人だった

 

 

 

寿退社して 今は家庭に入っている

 

いまでもアンパンマンを見て泣いているのかな?

 

旦那様に熱く犠牲愛を語っているのかもしれない

 

 

 

 

【UK SOULFUL DEEP HOUSE】

jersey street - step into the light(2001)

Backing Vocals – Sonia Issacher
Engineer – Stephen Chesney
Keyboards – Matt Steele
Producer – Jersey Street
Vocals – Dawn Zee
Written-By – Dawn Zee, Neil Reid