おはようございます。



111日利用分より、ディズニーランドホテルのドリーマーズ・ラウンジが、プライオリティシーティングの対象となりました。

ただし、他のレストランと異なる点は、利用者全員がアフタヌーンティーセットをオーダーする場合のみプライオリティが利用できるということ。(121日から25日まではクリスマス・ディナーセットも予約が出来るそうな。)

アフタヌーンティー以外のメニューをオーダー予定の方は、今まで通りラウンジに直接行き、満席時は待ち時間が発生するというシステムらしいです。


私はほとんどアフタヌーンティーをいただくので、これはとても有り難い変更。

土日に利用しようと思うと、30分ほど前にはロビーで待機しておかなくてはならず、貴重な時間が待つことだけに浪費されてしまいます。

しかも10代後半から11時前半にかけては、パークでショーやパレードが上演されることが多く、パレードを観てからラウンジへ行くか、それとも逃してラウンジへ行くか、もどかしい選択を毎回迫られる。

並ばなくても良いと言うことは、ギリギリまでパレードを観ていても大丈夫なので、より有意義に時間を使えると言うこと。

本当に有り難い。

存分に活用させていただきます。




さて、今日はそんなドリーマーズ・ラウンジのハロウィーン限定デザートメドレーについて。
9月のお泊まりディズニーでアフタヌーンティーセットをいただき、同時にデザートメドレーもいただきました。


ひとりではさすがにふたつは食べきれませんが、この時は母上が一緒だったので、分け分けいたしました。



アフタヌーンティーはミッキー&ミニーがテーマだったのに対し、デザートメドレーはドナルド&デイジーです。
デザート自体の可愛さもさることながら、プレートのデコレーションが毎回素晴らしい。

セットものはプレートすべてでイベントテーマが表現されているのでその凝りようが凄いです。



ドナルドとデイジーは砂糖菓子で出来ているので食べることが出来ます。





デイジーの後ろのケーキは、洋ナシのタルト。
その横にはパンプキンアイスが添えられています。



オバケポーズのドナルドが立つ台は、栗のティラミス。
秋を存分に感じられるメニューばかりです。



ちょっと毒々しい色のシンデレラ城も砂糖菓子で出来ており、そのグラスには爽やかな青リンゴのゼリーが入っております。
デザートの種類は多いものの、一つ一つが小さい上に、様々なタイプがスウィーツを楽しめるのがメドレーの良いところ。



すでにクリスマス限定メニューが公式ホームページに掲載されており、メドレーのテーマはグーフィーパパとマックス。

このふたりの組み合わせはなかなか珍しいですね。

胃袋と相談しつつ、オーダーするか決めたいと思います。