一気に冬。 | 250万円の家

250万円の家

「家を出てください」と大家さんに言われたことから全てが始まった。

軍資金も乏しい、路頭に迷う前になんとかしないと。

で、家を買ってしまおうと思いついたというアホな話。

https://ameblo.jp/2500000manennoie/entry-12443892563.html

出張から帰ってきました。やっぱり、こうなってました。


タクシーの運転手さんがブラシを貸してくれて何とか出発しました。

今朝はあっさり、薄ら降りました。

除雪車が朝4時くらいから走り回ってます。

この、除雪車は地域によって民間委託だったり期間雇用の公務員だったりと地域によって雇用形態はまちまちのようです。

当然、人が運転するわけですから、運転手さんによって、その人、その人の受け持ちで、上手もあれば下手もあり、丁寧もあれば雑もありって感じになってしまいます。

ちなみにニコマルの居住地域は丁寧だし上手です。


家の門口の雪は最小限の雪しか残っていません。


いい運転手さんに恵まれたと思っています。

そんでもって、妻が夕刊配達の時に呼び止められたそうです。


そして渡されたのが缶コーヒー。

雪国はいろんな人の思いやりで成り立っていると思わされます。

ありがたいですね。

=====================

 

ブログランキングに参加中です。

⬇︎ お気に召したらクリックをお願いします。⬇︎

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

=====================