お今晩は



SMAPのプロフェッショナル。


こんな時だからこそ

みんなの力になれるのは

SMAPだけです。



ジャニーズ事務所



さて、どうする はてなマーク




カッコイイSMAPさん










SMAP、NHK『プロフェッショナル』にリクエスト殺到も


「放送はジャニーズ次第」か



《こんな時だからこそエンターテイメントの力を感じたいです。

ファンだけでなく、きっと多くの人が元気をもらえると信じています》

《この時世だから この状況だからこそ

今、SMAPの頑張る姿とポジティブなメッセージが必要なのではないでしょうか》

《災害が起こるとすぐにメッセージをくれていたSMAP、

こんな時だからこそSMAPを見て元気になりたい》

新型コロナウイルスとみんなで戦っている今こそ、

『プロフェッショナル仕事の流儀SMAPスペシャル完全版』

ぜひ放送お願いします》





  4月8日にNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』が過去の傑作を再放送するにあたり、公式ツイッターでリクエストを募ったところ、翌日までに8000件以上のリクエストコメントが寄せられた。そのほとんど、いや、ほぼ全てが冒頭のような“彼ら”の登場回を待ち望む声ばかりだった。

「ツイッターのトレンドでは“#SMAP完全版”が1位になるほどの盛り上がりで、5人そろっての登場を“今回こそは”とSMAPファンが待ち望んでいるということです。というのも、同番組ではこれまでに何度か再放送リクエストを受け付けていて、その度にSMAP回を希望する声が寄せられるも結局、放送に至らなかった経緯があるのです」(スポーツ紙記者)


 
日本のピンチに先頭に立つSMAP

 この「#SMAP完全版」とは、2011年12月24日にNHK・BSで放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル完全版』のこと。同年10月10日に放送された番組を「完全版」として再編集されたものだ。

 番組は、2011年3月11日の東日本大震災後に被災地を訪れた5人の姿や、中国・北京コンサートの密着取材を通して、彼らの“プロフェッショナル”にスポットを当てた内容になっている。

 では、SMAPの『プロフェッショナル』は再放送されるのだろうか。

「番組の著作権を所有しているのはNHKですから、再放送をすること自体は全く問題はないと思います。ただ、当時の制作段階で、“映像の二次使用に関してSMAP側と何らかの契約が交わされている”と考えるのが一般的なので、NHKは再放送する際には、SMAPの商標権などを所持しているジャニーズに許諾を得る必要があるのではないでしょうか。つまりは日の目を見るかはジャニーズの返答次第、ということになるのでは?」(テレビ局関係者)

 2016年のSMAP解散騒動後、不自然なほどに見なくなったSMAPの過去映像だったが、徐々に各局で使用が“解禁”され始めている。

SMAPのプロフェッショナルとは?

「これも当然、ジャニーズの許諾を得てのことでしょう。ジュリー藤島社長が会社の主権を握ってからは、SMAPの露出が増えているように思えます。押さえつけることで生じるファンや世間からの反発の方が、事務所の不利益が大きくなるのを理解しているのでしょう。特に今はネットの声が大きく影響しますし、またリクエスト結果が無視されたら何を言われるかわかりません。そろそろ“SMAP完全版”観られるのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

 それでも再放送されなかった時のため、SMAP完全版よりお届けしたい。



  ーープロフェッショナルとはーー

中居正広《一流の素人ですね。一流の二流みたいな……、うん》





木村拓哉《前線から逃げない人。うん、最前線から。前に進み続ける限り、前線にはいられるから。いたいなと思う。風当たりは強いけど(笑)》






稲垣吾郎《こうあえて人を否定することなく、そして自分に与えられた仕事をちゃんと責任を持って、うん、その仕事の持っているメッセージというものを人に伝えていく、ということなんじゃないかなと思います》






草彅剛《チームワーク。仲間を大切にする人だと思います。自分の力以上のものを出すには、やっぱり仲間だとか、チームワークを大事にするっていうのが、僕はプロフェッショナルなんじゃないかなと、僕は思います》






香取慎吾《明日を生きる人。今を生きるのはもちろんですけども、1歩、2歩先へ。明日を生きる。振り返りません。僕らは》






  今の日本にはエンターテイメントが、SMAPが必要なのだ!