レッドザグロス、このタイミングで、去勢しちゃうの? | カニコロの下剋上、1口馬主 と 株のブログ
2021.07.23

吉澤ステーブルWEST

馬体重492キロ。
引き続き週2回は坂路で強めの調教をおこっています。予定通り先週土曜日には13-13ほどの時計を出しましたが、時計には対応できているものの前向きさに欠けていましたし、動きにも物足りなさを感じました。一度レースを経験した後も心身ともに大きな変わり身が見られないため、去勢手術を実施して体質や気性の改善を図ることになりました。近々帰厩し、トレセン内の診療所で手術をおこなう予定です。
 
------------------------------------------------------
 
これはビックリの展開で、
 
まさか、このタイミングで去勢するとは・・・。
 
 
前走は、これでもか級 の T.O負け で、6.7秒差でした。
 
 
これを持ってして、どうこうなるレベルでは無いのはわかってますし、
やはり思った通りの結果で、
過去の、庄野調教師のコメントからも、
うすうす気づいてしまうくらいのビックリコメント連発でしたし、
納得しまくりでしたから、敢えて何も言うことが無いわけで、
ここから、何かしようとしても、激変というのは正直辛いでしょう。
 
 
これは、精神的な問題だけって訳じゃないように感じましたが、
 
「厩舎サイドは、やっぱり諦めてないということなのかな?」
 
「それとも、庄野調教師のプライドとして、
再生工場したいからなのか?」
 
 
ちょっと理由はわかりませんが、
去勢でミラクルを起こすということなのでしょう。
 
 
いやいや、イイんですよ!
 
 
これが、2歳の今の時期だったり、
敢えて言うなら、3歳の年明けとかなら、
何の問題も無い。
 
 
ですが、
未勝利戦が無くなる今の時期に、
 
「やる必要があるのかなぁ~?」
 
あと1ヶ月しかタイムリミットは無いわけで、
基本、去勢したら半年が一定の目安と言われてますし、
 
「もしかして、1ヶ月以内に使う予定が合うんだろうか!?」
 
「それとも、未勝利戦終了後も現役続行し、
復帰戦まで延長するつもりなのか?」
 
それ以外にも、地方への転厩とかありますよね。
 
 
う~む。
 
 
今回の一件に関して、
もうちょっと詳しくコメントしてもらいたかった。
 
 
やるなら、もっと早い段階ですし、
かなり前から怪しいコメント連発してただけに、
昨年の今頃でも、全然問題なかったのに。
今更感が、強すぎる。
 
 
「どうしたいのか!?」
 
わかりませんし、
 
庄野調教師は、レッドザグロスが、かなりの能力を秘めていて、
 
「去勢の効果が出るという判断なんだろうか?」
 
 
どうしても理由が知りたいです。
 
 
 
私としては、出資馬ではありますが、
精神的にも体力的にも、能力としても、
JRAでは、全く話にならないレベルだと思ってて、
 
「ここから、どうやっても、無理なんじゃないか?」
 
と、分析しています。
 
それだけに、庄野調教師だダメとか、一切思って無いし、
むしろ、こんな馬を押し付けられて、東サラに、文句言ってもイイくらいだと。
感じていますから、無理せず、次走を使うまでも無く、引退で構わない。
冷静に考えたら、まず無理でしょう。
 
 
出資した自分の見る目の無さを、痛感してるぐらいですから。
 
 
諦めてないというのは、本当は嬉しい事なんですけどね。
感謝したいのは、やまやまですが、
 
 
いくらなんでも、時期的にもちょっと理解しがたい。
 
 
仮に、地方移籍となったとしても、この負け方は尋常じゃないし、
ハーツ産駒なので、ダートでの覚醒があるかもしれないが、
普通に考えると、南関東では、レベル的に厳しいハズ。
 
 
 
こういうパターンになると、東サラだと
ミラクルを起こしたレッドアルマーダの復活というか、
ビックリするぐらいの再生工場ぶりと重なりますが、
これはレアケースだと思ってますし、この馬は、2回走って一応10着と、11着。
しかも、T.O負けでは無かったですし、
 
レッドザグロスは、この遥か下にいるわけで、
とてもじゃないが、同じとは思えない。
 
 
 
ましてや、レッドアルマーダは、
日本の調教師の中では、去勢のプロであり、
一番このことを理解している藤沢和雄調教師だったわけで、
過去の去勢馬の活躍を見ても、
ダントツにスゴイ成績をたたき出しているわけです。
 
(以前、キャロットの会報誌に、
去勢について詳しいデータが出ていたのを覚えています。)
 
 
 
確かに、去勢回数も、調教師ではダントツに多いんですけど、
それと同時に、成績も群を抜いている。
 
 
ですから、庄野厩舎が成功しないとは言ってませんが、
あまりにも激変するには、この馬のデビュー戦をみたら、
いくらなんでもハードルが高すぎる。
 
 
いやいや、普通に考えれば、無理でしょう。
 
------------------------------------------------------
 
1発で、3アウト級の負けっぷりです。
 
------------------------------------------------------
 
まぁ~庄野調教師が諦めていないなら、付いて行くつもりですが、
どうやっても厳しいと思いますよ。
 
 
奇跡を考えても、ホントにありえないぐらいの万に1つ、
いや、何十万に1回の成功を
狙ってるぐらいの厳しさで、
私が募集馬の抽選で当たるよりも無茶な勝負だと感じています。
 
 
とりあえず、この内容の続報が、気になりますね。
 
 
色んな意味で、経緯やその後の状況など、
見届けていきたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
《 よく読まれている記事 》

1 東サラ、2021 募集申込数の途中経過、追記

2 東サラ、2021年募集予定馬 ラインナップ発表!

3 東サラ、2021年募集予定馬 ラインナップ、再アップ!!! 出資候補①頭目

4 東サラ、2021 募集馬、先行応募するも全滅により、再検討必要。

5 東サラ、2021年募集予定馬 出資候補②頭目

6 2021年募集馬の、東サラの戦略について・・

 

SNSのフォロー大歓迎です。 基本タイプ  Twitter   /  Instagram  Instagram