第57回 関東オークス【指定交流】JpnIIダート2100m(左) 結果! | カニコロの下剋上、1口馬主 と 株のブログ

 

 

予想としては、まずまずの結果で、安いながら1番人気ではありましたが、

本命が1着でしたし、対決の構図も間違って無かったので、よかったのではないでしょうか。

 

レースは、予定通りケラススヴィアが逃げる展開で、勝ったウェルドーンは、番手で控える形。

逃げ馬を見る形で絶好位でしたね。

そして、最終コーナーで早めに前に取り付き、直線へ。

 

最後逃げ馬を差して勝利しました。

 

 

 

1着 ◎ 6 ウェルドーン

地方のレースでは、武豊騎手は、中央で言うルメール騎手的な完璧な騎乗で、

川崎競馬場を知り尽くしているくらい、地方のジョッキーよりも上手すぎますね。

人気してても、前に行けるというのもありましたし、この産駒でこの馬場、馬体重もヨシ。

安心して本命にしました。

 

関係者の方おめでとうございます。

 

 

2着 △ 7 ケラススヴィア

やはり重馬場は得意な産駒なので、大きく崩れることが無いだろうと思いつつ、

距離不安や、レベルが一気に上がること。

左回りになるのもマイナスで、地方なら大井の方が合ってる産駒なので、

評価を下げましたが、やはり地力が違いますね。

 

 

3着 △ 1 ランスオブアース

いい形であがって行ったけど、前の2頭を捉えるまではいかず。

泉谷騎手、よく頑張ったと思いますよ。

地方重賞で連続3着を自信に、今後も頑張ってもらいたい。

エピファネイア産駒は、ダートでの潰しが効きにくい種牡馬だと思ってましたが、

どうして・どうして、結構走りますね。