一口馬主、出資馬の全成績を調べてみたら・・・ | カニコロの下剋上、1口馬主 と 株のブログ

年末でも無いので、成績を振り返る時期でも無いんですが、たまたま開いた一口馬主DBから、

「アッ!」

と、驚く内容を発見しました。

 

自分の出資馬が出るレースを馬券を買うことはあるんですが、

「まさかと言うか!?」

衝撃のデータが出てしまいました。

(そんなにビックリする事では無いが)

 

一口馬主という趣味を初めて、今年で5年目となりました。

ここまでのカニコロ厩舎の成績は、114戦して12勝となっています。

知らぬ間に100戦を超えてたんですね。

ある意味ビックリですが、たまに見ることはあるので、わかってはいたものの、実は101戦目の時に

「あっ!?100超えてるわ~」

って忘れてたくらいです。(笑)

 

勝率としては、約1割です。

「まぁ~こんなもんでしょう!」

って感じです。

 

ここまではよかったんですが、12勝したすべてのレース調べていくと、ビックリな答えが出てきちゃいました。

 

勝ったレースは、すべて4番人気以内

 

しかも、その内の9勝は1番人気となってました。

 

これは驚きの事実です。

 

ちなみにですが、全成績の1番人気の回数は21回、なので、勝率は、.571となる。

 

かなりの高確率で、2回に1回は来る計算。

 

当然グリグリのオッズもありますけど、飛び抜けた人気ばかりでは無いので、このパターンを上手く利用すれば、儲かる計算になります。

 

2桁オッズでは僅かに1回のみ。それも2歳新馬戦のリグージェのデビュー戦でした。

この時は良血馬が多くいて、この馬がマイナー血統なのと、実力がわかってなかったのもあるのでしょう。

 

 

「なんとな~くですが、人気した時しか来てないな~」

 

って薄々感じてたんですが、改めて調べると、

 

「やっぱそうなんだ~」

 

って気持ちですね。

 

 

まぁ~私の場合出資しているクラブは、キャロット、シルク、東サラの人気クラブで、キャロットがメインとなっています。

この事から、キャロットの出資馬の比率が高い分、どうしても人気しやすい傾向があり、それがオッズにも反映されてきたんでしょう。

単純に出資者や同クラブの方も馬券を購入される方も多くいらっしゃるでしょうから、それも上乗せされてるでしょうし、一般の方であっても、昨今のキャロット人気やノーザン人気で、割増があるでしょうから仕方ない部分もあるはず。

 

とマイナス面ばかりに目が行きがちですが、そうではなくて、逆のとらえ方をすれば、自分の出資馬は穴をあけないというのが、馬券の買い方になるような気がしてきました。

 

 

基本、馬券の対象となるのは、3着までですから、ここまで広げれば人気薄になった馬も

『たま~に、ホントたま~に』

来ることはあるんですが、ほぼ来ないのが現状です。

 

ただ、これに関しては、今回は人気ないけど拾えるケースもあって、レース条件や馬場、そして何より、その馬の調子や状態が自分の出資馬ならわかるし、過去のレースも含め、縦の比較がしやすいだけに、穴で走りそうなタイミングとかは何となくわかっているだけに、これでケアできる気がしています。

 

 

とはいえ、全くの人気薄は来たことが無いし、調べたところ二桁人気からは1度も3着以内はありませんでした。

この事から、より馬券を買いやすくなったような気がしています。

 

 

「穴では全く馬券に絡んだことはないな~」

って、何となくですが感じてたんですけどね。

 

 

馬券購入あるあるなんですが、こんなこと書くと急に穴で激走とかあるのかもしれませんから、いきなりジンクスが崩れることがあると思いますが、たまにそんなことがあっても、長い目で見てみれば、データ通りに推移するはずで、それが勝利につながるはずだから、これも馬券の参考にしていきたいと思っています。

 

 

すでにこれを実践してる方も多くいらっしゃるでしょうが、もしもまだ見て無い人がいるのなら一度チェックした方がイイのかもしれません。

 

 

これを踏まえて、私の場合は、1番人気か?2番人気じゃないないと、ほぼ勝たないということになってしまいます。

 

絶対では無いでしょうが、そこらへんの変なデータより、より精度が高い気がしています

 

 

となると、今週のディライトプロミスは、人気薄なので、ノーチャンスとなります。

穴で複勝くらいかなって感じですが、縦の比較からして、それも厳しい気がしています。

激走してくれたらラッキーですけどね。

 

みなさんも調べて、参考にしてみてはどうでしょうか?