青山竜也(Silver.B)のトレード解説

公式HPはこちら
https://kings-trade.amebaownd.com/


テーマ:

先日はFRBの「QE縮小が延期」されましたね。


さて、ここでクイズです!


これは以前にも出したクイズなのですか、FOMC直後ということで復讐です。



★「米国の最大の借金相手はどこですか?」



米国は第二次大戦後、ガンガンとドル紙幣を輪転機を回して印刷して、


「このドル紙幣(ただの紙)を買いなさい!」


と日本にドシドシと買わせました。


これはつまり、ジャイアンが拾ってきた”木の葉”に「これは価値があるんだ!」
と言って無理やりスネオやのび太に「物」と交換させているに等しい・・・
・・・というと言い過ぎか(笑)


でも、まあ、似たようなものだ


だって、そうして貯めこまれた巨大なドル紙幣は使い道がないんだから(笑)


”外貨準備”という名前で貯まる一方です。


やはり「軍事力を握るものは経済も握ることができる」


これ(溜まったドル)をどこかで使おうとしようもんなら・・・
ジャイアンが「おい、わかってるよな!」と凄んできますので、どうしようもありません。



日本は”木の葉”を猛烈に貯めこまされていますので・・・”失われた20年”の
中にあっても、円の価値は相対的に”木の葉”と比べたら・・・そりゃイヤでも価値は
上がって円高になります。


ドルはその逆ですね。


・・・ということは、最初のクイズに戻って、米国の最大の借金相手は「日本」か?


・・・いや、違います。かつてはそうでしたが・・・・



もうひとつ、米国の木の葉、いやゴミ・・・じゃなかったドルの印刷攻撃に
困っていた国があります。中国です。



中国の”元”も本来強くなかったのですが、さすがに”木の葉”と比べると
嫌でも相対的に”元”の価値があがってしまいます。


しかし中国は、世界の工場となって経済発展を続けるには「元高」は困ります。


そこで、仕方がなく元を売り支えてドルを買い込みました。
・・・すると・・ゴミは貯まる一方です。



そうして必死に「元安」を支えているうちに・・・気がつけば日本を抜いて


”ゴミ準備・・・いや外貨準備”世界一となって日本を抜きました。


・・・そうか、今の米国の最大の借金相手は「中国」なのか・・・・


いや、これも不正解です。


・・・ということで以前にも出したクイズですが、答えはこちら

Silver.Bのトレード解説 *


そうです、FRBです。


この記事が書かれたのが、QE3が発表される前日の2012年9月13日


ちょうど1年前です。


ということは米国のFRBへの借金はこの時より増えているはずですね。



単純計算すると

 1兆6600億ドル (一年後)→ 2兆5100億ドル

・・・ということになります。50%増量中ですな(笑)


まあ、途中でツイストオペから買い入れに変更されて、実質現在QE4とも
言える状態なので、多少上の数字は違っているかもしれません。


そして先日のFOMCで「QE縮小」は延期となりましたので、毎月ここから
更に850億ドルが増えていきます。



・・・これってどうなん?


まあ、日本も米国の事は言えない財政状態ですが、日本は政府が金がないだけで
国民はお金を持っていますので、「日本」として見れば健全な状態です。
(まあ国民が政府に金を差し出す前提ですが)


だから国債は下がりません・・・まあこの話をしだすと長くなりますので
今はやめますが、要するにちょっと米国とは状況は違いますね。


しかし、米国も一時期「デフレ状態に入って、日本の失われた20年の最初の
状態に非常に似ている」・・と言われながらも、デフレをやっつけてここまで
景気回復してきました。


これはこれで、さすが米国はすごい国ですね。


Silver.B
http://www.kings-trade.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み


 『今すぐ、やりましょう!』

                     ・・・これができない(笑)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。