第一生命保険は23日、「第32回サラリーマン川柳コンクール」の人気投票結果を発表した。2018年に急速に浸透した働き方改革とヒット曲名を組み合わせた句が3446票を獲得、1位に輝いた。他にも個人間で商品を売買するフリマアプリにちなんだもの、男性の育児参加を取り上げたものなど時代を反映した作品が目立った。

いう記事を見つけました。(日本経済新聞)そのベストテンが、下の川柳です。

 

世相を反映と言いますが、さて今年はどうでしょうかね。そして、中国ファーウエイのスマホの中古品に赤信号です。

まぁ、米国の行動も頷けます。

急激にネットを制覇する中国企業の開発の速度は、異常と思えるほどですが。過去には、PCを見ることも無かった国が、急速の進捗する手法は、どこに重点と開発力があるのか???

 

そして、コレほどまで成長する力を過去には、なぜ表現できなかったのか???  

そこに問題の本質が隠されているのです。新幹線技術で、彼らの手口は良く分かりますし、急成長の裏に活動するのも理解出来ますかね。

はてさて、米中ネット戦争は、収束するのか??それとも冷戦ネット社会へ突入するのでしょうか!!

 

今後の動きに目が離せません。時間があればリブログものぞいてみてね。


 

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村ランキング参加中です。よろしくね。


人気ブログランキング参加してま〜〜〜す。