「Outlook」一部アカウントに不正アクセス、マイクロソフトが公表(C-Net.jp)

Microsoftは米国時間4月12日、「Outlook」アカウントにセキュリティ侵害が発生したことを通知する電子メールを一部のユーザー宛てに送付した。Outlookユーザーが直接影響を受けていた可能性があるという。
記事を見つけました。アレ???  Winって、 Windows Defenderを安全とか言ってなかったかな〜Winのページを見ると、書いてました。
<無料のマルウェア対策ソリューションで、ウイルス、スパイウェア、およびその他のマルウェア (悪意のあるソフトウェア) から保護できます>
と言う事ですが、その危険性は、説明すると、ソフト監視をすると言う事で、外注して、組織的に監視しているが、そこを退社しても、シリアルナンバーから、アクセスキーを手に入れていれば、いくら、テントで覆いをつけても、テントの横に、鍵付きのドアがあって、そこからは出入り自由です。
ネット社会の広がりとソフトの管理の難しさ、M社は、パトロールを外注した事に大きな間違いがあります。
そして、Mac社は、故障でも、一人に任さず、分業するので、全てを把握する人物は本社以外には存在しないので、外からの攻撃には万全ですし、少しかじっても、全てを把握は出来ません。
そこに、2社の大きな違いが有ります。安全を選ぶか、使い勝手を選ぶかですが。
使い勝手は、慣れれば同じではないだろうか!!!
過去には、徳島の監視組織からの大量のプレゼントを贈られた経験があるので、よくわかります。
交通事故じゃないですが、PCが何度病院へ行った事か、まぁ、全てMyPCの自己治癒力で回復しましたが(笑)
よほど口を塞ぎたいのでしょう!!!それは真実だから攻撃してくるのです。彼らが公には出来ない真実です。
今でも口を開ければ・・・・・「悪夢の時代!!」と吠える人物がいますが、そりゃそうでしょう。不正の全く無い時間でしたから・・・彼らにはうまいところがなかったのですね。
と言う事は、庶民に利益があったと言う事です。
考えて選挙を乗り越えませんか!!!

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村ランキング参加中です。よろしくね。


人気ブログランキング参加してま〜〜〜す。